プロファイロ

PROFHILO®

肌を再構築して根本から老化を改善!
5ポイントの注入だけで自然に広がる最新のヒアルロン酸

こんなお悩みにオススメです!

皮膚組織のリモデリング 顔・首・全身のたるみ改善

PROFHILO®プロファイロとは?

プロファイロはイタリアの製薬会社IBSA社が開発した、NAHYCO™という特許技術により、架橋剤(製品を安定化させるための混ぜ物のようなもの)を使わずに、高分子のヒアルロン酸を、極力天然の性質を保ちながら、製剤として安定化させた、次世代型ハイブリッドヒアルロン酸です。

プロファイロの特徴は、これまでのヒアルロン酸注入剤のように、物理的に、溝としてのシワを埋めたり、肌のボリューム不足を補ったり、単なる注入剤、フィラーとしての役割ではなく、プロファイロを皮膚に注入することで、加齢により衰えてしまった肌を再構築して、根本的に肌の老化を改善できることです。

そのメカニズムは、ある一定の高分子の天然のヒアルロン酸は、コラーゲンを作る線維芽細胞や、脂肪細胞由来の幹細胞を刺激する作用が認められていて、プロファイロにはそのようなヒアルロン酸を配合し、NAYCO技術によって安定化させています。

またさらに、NAHYCO™技術により、架橋剤を使っていないため、高分子のヒアルロン酸にも関わらず、非常に柔らかく、流動性があります。そのため、皮膚の決められた部位に、数か所(頬なら5か所のみ)注入するだけで自然に広がります。

自然に広がったプロファイロは、周辺の線維芽細胞や、脂肪由来幹細胞を刺激し、自然なボリュームの改善と、シワ、ハリ、キメの改善、皮膚そのものテクスチャーを改善し、根本的に衰えた肌を若々しい肌へと、再構築します。

結果非常にナチュラルな仕上がりで、ヒアルロン酸治療したことを他人に気づかれることもありません・また、これまで、ヒアルロン酸による入れすぎ症候群を懸念して、ヒアルロン酸注入に抵抗があった方にも、とても受けて頂きやすい、新しいヒアルロン酸注入療法です。

BAP(バイオエステティックポイント)注入法

BAP注入法は、プロファイロのメーカーIBSA社が推奨する、中顔面ならば、図に示す5ポイントのみ真皮深層に注入する方法です。 従来の一般的な高分子のヒアルロン酸は、注入した部位に留まるものが多いのですが、プロファイロは高分子にもかかわらず独自のNAHYCO™技術製法により、非常に流動性が高く(柔らかい)、たった5ポイントに注入するだけで自然に皮膚全体に広がります。

その特性により、肌全体を再構築する治療にも関わらず、針を刺す回数を最低限にとどめることができ、内出血によるダウンタイムを起こしません。さらに、この部位の注入層は大きな血管が走行していないため、大きな出血を起こすリスクや注入物による血管閉塞などの重大なトラブルも回避できます。BAP注入法は最小限のリスクで最大限の効果を引き出す、バイオエステティック的に非常に理にかなった注入法なのです。

プロファイロの特徴

  • ヒアルロン酸を高濃度に配合
  • 皮膚とよく馴染み、粘度が低く、扱いやすい
  • 炎症反応を起こしにくい
  • 持続時間が長い
  • 繊維芽細胞、ケラチノサイト、脂肪細胞が再活性される
  • ダウンタイムが短いまたはない
  • 治療回数が少なく、注入部位が少ないため治療での不快感があまりない
  • 特許取得済した独自の熱処理方法で安定させたナチュラルのヒアルロン酸

プロファイロを受けるメリット

シロノクリニック大阪
院長 清家純子

日本の美容医療業界でヒアルロン酸が注入療法として使われ初めて20年以上になり、私も長く、ヒアルロン酸はじめコラーゲン製剤やハイドロキシアパタイト(レディエッセⓇ)など、さまざまな注入療法を行ってまいりましたが、プロファイロを初めて知った時、これは本当に凄い製剤だと一目見てわかりました。何が凄いかと申しますと、これまでの美容医療業界のヒアルロン酸製剤は、ヒアルロン酸をシワの溝や脂肪のボリュームが無くなってきた箇所にヒアルロン酸を入れて埋める、いわゆるフィラーで(フィル=fill 埋める)埋めるという概念の治療方法でしたが、プロファイロはフィラーとして使用するのではなく、加齢や紫外線によって生じた肌の劣化やダメージを根本的に土台から立て直すことができる画期的なヒアルロン酸なのです。この作用はプロファイロならではの特徴で、実はヒアルロン酸製剤といっても分子量や加工方法、原料などによってたくさんの種類がありますが、プロファイロに使われているヒアルロン酸は、プロファイロのメーカーの特許技術によって、脂肪幹細胞を刺激するという他のヒアルロン酸にない性質を持っています。

肌の老化の原因はいろいろありますが、一つには脂肪細胞が減ることによる部分があります。脂肪は皮膚の下にあって、下支えとしてクッション的な役割や肌のハリの要素としての一定のボリュームを保つ働きがある一方、脂肪細胞には肌を元気にする、たくさんの生理活性物質が含まれており、脂肪が一定量あることは、肌を若々しく保つのに非常に大きな役目を担っています。つまり脂肪の量が減ると、物理的にクッション性がなくなり、皮膚にハリが無くなり、たるみが生じやすくなります。また、同時に脂肪細胞に含まれていた生理活性物質も不足してくるため、それにより肌の回復力が無くなり、肌老化が進行します。プロファイロを注入することで失われた脂肪が再生するとともに、脂肪細胞から生理活性物質がまた分泌されることで、物理的にも機能的にも老化した肌が再構築され、若々しさを取り戻すことができるのです。

これを建物に例えると、フィラーとして従来のヒアルロン酸は、欠け落ちた壁の塗装を上から重ねたり、弱った支柱に添え木を加えて一時的に補強したり、沈下した土台にコンクリートを流し込むようなイメージですが、プロファイロは、劣化した建物の基盤を基礎工事からやり直すようなイメージで「肌を土台から再構築してくれるもの」なのです。埋め立て的に使用するヒアルロン酸注入はもちろん、それはそれで適切にプランを立てることで、若々しさを取り戻すことが可能ですが、建物と同様、土台がしっかりしているかどうかで、注入後の仕上がりの美しさやその後の持続性など結果が変わってきます。それは、レーザー、サーマクールやウルセラなどの治療機器を使ったしわやたるみの治療を行う場合でも同じことが言えます。

そのため、プロファイロのみ行うことはもちろん、様々な美容治療を行う場合においても、よりよい結果を出すために、基本の治療として「プロファイロ」は価値があり、定期的に行うことを勧めています。

症例

口周り

治療費

項目 方法・範囲 料金(1回)
プロファイロ 1本2cc 120,000円
2本4cc 220,000円
3本6cc 320,000円

サーマ、ウルセラ、Wリフトと
同時施術で
30% OFF