たるみ

Slack

メスを使わないたるみ治療充実!
その方にあった治療法をご提案致します!

当院でのたるみ治療は、RF波(ラジオ波)の熱エネルギーを仕様した機器から、高密度焦点式超音波や各種レーザー治療、注入療法(ヒアルロン酸・長期持続型ヒアルロン酸・ボトックス注入)など、メスを一切使わない治療を中心に行なっています。たるみを解消するには方法はたくさんあり、すべての方が同じ症状ではありません。まずは自分できになる点を明確にして是非ご相談にお越しください。たるみの原因や肌状態を見極め最適な治療法をご提案致します。

こんなお悩みにオススメです!

深いほうれい線のせいで老けて見られる

目の下のたるみのせいで疲れて見える

不満そうに見える下がった口角が気になる

たるみでアゴと首が一体化して見える

頬のたるみがブルドッグのように見える

たるみの進行と原因

たるみとは、加齢と共に皮膚の弾力が減退し、文字の通り皮膚がたるんでいく老化現象の一つです。皮膚のたるみは「皮膚」「皮下脂肪」「筋肉」の加齢による変化や、これらの3つの力学的なバランスが崩れる結果、たるみが発生すると考えられています。

その中でも、皮膚の最も領域が広い真皮が、皮膚の弾力やハリなどの強化を保ち、たるみの発生にも大きく関わっています。

加齢によるたるみ進行イメージ

しわ・たるみのない肌 しわ・たるみのある肌

原因1. 皮膚の弾力の低下

加齢や紫外線、乾燥、外因的なストレスなどにより角質層の水分量は低下し、ターンオーバー(新陳代謝)は年齢とともに崩れていきます。ターンオーバーが崩れると、肌のバリア機能まで低下し、角質層の水分量はさらに減少していきます。

こうして表皮の水分が減ると、真皮層の相対的なボリュームが減るだけでなく、皮膚のクッションである役割や、弾性や硬さを維持する機能も衰えはじめます。

とくに紫外線による影響は、真皮のコラーゲンやエラスチンの構造や性質自体を変化させ、たるみの原因となります。

コラーゲン

肌の弾力を左右する大切なたんぱく質で、別名、膠原線維ともいわれます。真皮の中の線維質の約70%以上を占めているコラーゲンの機能が活性化している絶頂期は18歳であり、年齢とともに減少し、硬くなって弾力を失い、しわやたるみの原因のひとつになります。このコラーゲン線維を、線維芽細胞が真皮の中で生み出す際に十分な水分が必要となります。したがって、皮膚の水分不足 → 線維芽細胞の不活性 → 線維性コラーゲンの低下 → 肌の弾力性低下 → しわやたるみの発生、とつながります。

エラスチン

エラスチンは伸縮性があるたんぱく質で、別名、弾性線維ともいわれ皮膚や血管などを構成しています。真皮は約1~2ミリの厚さを持つ皮膚組織で、肌のハリと大きく関連しています。エラスチンはこの真皮層にあって、細胞間のすき間をうめる線維状のコラーゲンが網の目のように交差する部分を結びつけ、皮膚のハリを維持しています。エラスチンが皮膚の真皮の70%を占めるコラーゲンの網の目を伸び縮みさせるため、肌のハリを助け、しわやたるみを防ぐ効果があるとされています。紫外線や加齢により量が減ったり変質するため、しわやたるみを引き起こす原因になります。

原因2. 表情筋の衰え

顔の表情筋は、手足の筋肉とは異なり、骨ではなく直接皮膚についています。筋肉を動かすためには、実際に運動を起こす筋と、筋に刺激を送る神経系が必要であり、神経と筋の刺激伝達物質「アセチルコリン」によって化学的に行われているのです。表情筋は神経の刺激によって曲げ伸ばしを行っていますが、直接接合している表皮も同時に同じように動くことによってさまざまな表情を作っているのです。

この繰り返しの中で肌のターンオーバーが行われると、皮膚表面の形状記憶能力のある角質がつねに陥没した状態となりしわを形成していきます。さらには、水分不足や度重なる刺激(紫外線やホルモンバランスなど)によってしわの部分の真皮層が薄くなり、皮下脂肪層まで陥没するためさらにしわが深くなり、自然には戻りにくくなるのです。

また、寝ている以外の時間のほとんどが頭部から足側に重力の影響を受けていて、骨についていない表情筋や皮膚、皮下脂肪はつねに上から下への力が加わっているためたるみが生じるのです。

原因3. 皮下脂肪の増加・蓄積

皮下脂肪は脂肪組織の大部分を占め、エネルギー貯蔵、保温、物理的障害に対する防御作用などの働きがあります。

皮下脂肪が増えればたるみが増すという相関関係も認められていて、重力の影響や皮膚の脂肪を支えきれなくなりたるみが発生するともいわれています。

シロノクリニック大阪のたるみ治療 最新ラジオ波&レーザーたるみ治療

サーマクールCPT

切らずにできる、最強のリフトアップ治療!

サーマクールは、ラジオ波を使った「たるみ治療機」です。肌のたるみの原因であるコラーゲンをサーマクールの熱エネルギーで”ギュッ”と引き締め、肌の土台からしっかり替えることができる治療機です。更に、最新型サーマクールボディは、従来型より皮膚表面にダメージを残さず、皮膚奥にあるコラーゲンに確実に効果的に熱エネルギーを届け、たるみを根本から改善することが出来るメスを使わない最強のたるみ治療機です。

このようなお悩みにお勧めします

  • 法令線が目立ってきた
  • 口角が下がってきた
  • 瞼が重くなってきた
  • 二重あごが気になる(小顔効果)
  • フェイスラインがぼやけてきた
  • 頬の毛穴が縦長になってきた
  • 首がたるんできた

サーマクールアイ(目の周辺専用サーマクール)

目元のひきあげ、しわとりに最適!

サーマクールアイは、目元専用のサーマクールです。目元は顔の中でも一番皮膚が薄くキメが細かいため、目元用に面積を小さくすることで、引き締めに必要な熱エネルギーを目元にも安全に届けることができます。 ピーンと張った若々しい目元に、サーマクールアイなら可能です。

このようなお悩みにお勧めします

  • 目元のハリを取り戻したい
  • 目のまわりのたるみをなくしたい
  • クマをなくしたい
  • まぶたをすっきりさせたい
  • 小じわをなくしたい

ヤグレーザーピーリング

ピーリング効果とリフトアップ効果、ダブルの効果を実感!

皮膚を透過するヤグレーザー光が、皮膚のコラーゲンを作る細胞、繊維芽細胞を刺激しコラーゲンを再生します。それにより乾燥小じわが改善し、ハリのある肌へと導きます。
また、マイルドなピーリング作用により、肌のターンオーバーを正常化させ、くすみや色ムラを改善し、お肌の透明感をアップします。

このようなお悩みにお勧めします

  • 法令線が目立ってきた
  • 口角が下がってきた
  • 瞼が重くなってきた
  • 二重あごが気になる(小顔効果)
  • フェイスラインがぼやけてきた
  • 頬の毛穴が縦長になってきた
  • 首がたるんできた

ウルセラ

「高密度焦点式超音波」でリフトアップ!筋肉のたるみ+皮膚のたるみを引き上げる!

ウルセラは、超音波の熱エネルギーを用いた「たるみ治療」マシンです。皮膚を支える土台とも言える表在性筋膜(SMAS)を引き締めて・引き上げる画期的なたるみ治療法です。

従来のフェイスリフト手術のような本格的なリフトアップ効果を発揮し、効果の持続は約半年∼1年です。皮下にのみ超音波の熱エネルギーを届けるため、皮膚の表面を傷つける心配はありません。

治療後すぐにメイクが可能で、照射は約30∼40分程度です。また、たるみ治療マシンとして世界で初めてFDA(日本の厚生労働省にあたる米国機関)の認可を受けています。

シロノクリニック大阪のたるみ治療 注入によるたるみ治療

ヒアルロン酸注入

即効果実感!今すぐシワやたるみを、浅く薄くしたいを叶える!

お手軽にシワを解消でき、効果を即実感できる注入方法です。粒子の大きさが異なるタイプのヒアルロン酸を各種取り揃えており、目の下の細かいシワから深いしわ・プチ整形まで幅広く対応します。ビタールライトをはじめ、異物・不純物を含まない安全品質の高いヒアルロン酸製剤のみ使用しています。

レディエッセ

持続効果最長!1年~1年半と長持ち

「カルシウムハイドロキシアパタイト」が主成分のヒアルロン酸として異なる新しい注入剤です。素材がもともと体に存在する成分だから皮膚への馴染みがよく、約18ヶ月かけてゆっくりと体内に吸収されていくので持続期間が長いのと、自己コラーゲンを生産するというのが特徴です。

N-COG

メスを使わないから安心!切らないフェイスリフト

N-COGは突起のある溶ける糸を使った、切らないフェイスリフトです。

たるみが原因で出来たほうれい線、頬や輪郭、アゴのたるみをダイレクトに強く持ち上げ、若いころのフェイスラインに近づけます。