妊娠線・肉割れ

Pregnancy line, Stretch mark

治療が難しいとされていた
妊娠線や肉割れ(ストレッチマーク)を、
「コラーゲン再生+脂肪分解」で改善します

妊娠や急激な体重増加は、表皮に比べて皮下組織にはあまり弾力性がないため、すぐに裂けてしまいます。皮下組織が裂けると、赤紫の線状斑が表れ、肌が凸凹になります。レーザーなどを使用して、コラーゲン産生と皮下脂肪の分解、皮膚の強力な引き締め作用で、治療が難しいといわれていた気になる妊娠線・肉割れを目立たなくすることができます。

妊娠線・肉割れとは

妊娠線

肉割れ

妊娠線・肉割れの原因

妊娠線・肉割れは、急激に皮膚が伸びてしまうことにより、その伸長に耐えきれず真皮が裂けて出来る線のことです。

シロノクリニック大阪の妊娠線・肉割れ治療 最新レーザー妊娠線・肉割れ治療

サーマクール

レーザー光線の何倍もの強さをもつラジオ波(高周波)の熱エネルギーを使用して、自己コラーゲンを産生させることにより、傷跡の凹み改善や皮膚の中の塊を柔らかくする治療機器です。 腹部にラジオ波をあてることで熱が真皮を収縮させ、ゆっくりと時間をかけてコラーゲンを再生させる治療方法です。皮膚の引き締め効果とともに、肌がすべすべになります。 急激な体重の変化で皮下組織が裂けてひび割れができてしまった方、または治療が難しいといわれてきた妊娠線も薄くして引き締めることが可能です。

フラクセルレーザー

皮膚の再生能力に働きかけ、肌を新しい皮膚に入れ替えていく最新、かつ画期的なレーザーです。レーザーで微細な照射をする事で皮膚のコラーゲンを活性化させ、肌の再生を促し、新しい皮膚に入れ替えます。肌をなめらかにすることは、妊娠線・肉割れの改善に繋がります。

エクセル V

エクセルVレーザーには「ロングパルスKTPレーザー」と「ロングパルスYAGレーザー」の2種類の波長のレーザーが搭載されており、肝斑、しみなどの色素性疾患から毛細血管拡張、あから顔などの血管治療、うぶ毛の除毛、しわなどの若返り治療などトータルに治療可能なレーザーです。