キレーション点滴療法・毛髪検査

Chelation, Trichoscopy

老化の進行を早める物質や、美肌の敵である物質を
体内から排除、若返りと健康を実現!

こんなお悩みにオススメです!

エイジングケア

デトックス(有害金属の除去) 慢性疲労の改善 心筋梗塞、脳卒中の予防 動脈硬化の改善 抗酸化作用 血管老化の防止

美肌

デトックス(解毒作用) しみ・くすみ 肌のハリ・キメの改善 肌荒れ・ニキビ 各種皮膚疾患の改善 抗酸化作用 代謝促進

キレーションとは

キレーションとは、合成アミノ酸の一種である薬剤を用いて、人体に不要な有害金属を汗や尿として体外に排泄、血管をきれいに柔らかくする治療方法です。
キレーションを行うと血液は浄化され血流が増し、全身の代謝が促進され体内に溜まった毒素も排出。健康と同時にエイジングケアや美肌にも効果的です。

キレーションの特徴

デトックス点滴(キレーション)とは合成アミノ酸の一種であるキレート剤(EDTA)を点滴し、体内の有害金属を排出する療法です。
キールとはギリシャ語で「カニのはさみ」という意味です。キレーションとは、「カニのはさみでつかみ取る」ことを意味します。
キレーション治療で使用する合成アミノ酸には金属原子をカニのはさみのように強くつかみ取る性質があるため、この治療方法の名前になったといわれています。

キレート剤は、環境汚染などの影響で知らず知らずのうちに体内に蓄積された有害金属をはさみ込むようにつかまえて、尿と共に体外へ排出します。それにより血液が浄化され、血流が増し、体内のあらゆる臓器機能を正常化し、代謝機能を回復させます。

肌への血流も向上するため、角質代謝がよくなり、吹き出物やくすみなどの肌荒れの改善にも効果的です。
さらに、免疫機能の改善や強力な抗酸化作用による細胞の老化予防も期待できます。米国では50年ほどの歴史があり、約2,000施設において年間80万件のキレーション療法が行われています。

なぜ点滴なのか?

キレート剤(EDTA)の経口投与が試されましたが、治療効果は上がりませんでした。その理由として、消化管からのキレート剤は吸収されにくいことが指摘されています。消化管からの吸収率は点滴の場合に比べて約5%といわれ、同等の効果を得るためには、点滴の20倍量のキレート剤を使用しなければなりません。キレート剤は、キレート剤の血液中の濃度が、一時的に高濃度に上昇した方が効果が高いといわれています。このために、点滴が一番適した治療方法といえるのです。

有害金属とは

健康を維持するために食生活において、必要な栄養素をバランスよく摂取することが欠かせません。必要な栄養素とは、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などのことをいいます。この中の“ミネラル”とは、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、鉄分などの金属類のことをいい、これらは身体に必要な“必須ミネラル”と呼ばれます。

この必須ミネラルに対し、自然界には身体にとって有害なミネラル(金属)も存在し、環境汚染などの影響で日常生活の中で気付かずに摂取して、身体に溜め込んでいます。代表的なものとして、水銀、鉛、ヒ素、アルミニウム、カドミウムなどが有害なミネラルにあたります。これらは、加工食品や、汚染された海域でとれた魚介類(まぐろやサメなど食物連鎖の頂点にいる魚ほど、水銀などの有害金属を蓄積している可能性が高いといわれています)、水道水などに含まれていて、口から摂取していることもあれば、プラスチック剤や、ペンキなどの有機溶剤、たばこの煙、自動車や工場からの排気ガスなど、鼻や皮膚を通しても、知らず知らずのうちに摂取しているのです。

有害ミネラルが身体に蓄積されると、さまざまな健康障害が引き起こされ、老化を早めることになります。病気とまではいかなくても、日ごろ感じている原因不明の慢性的な疲労やアレルギー、体調不良は、有害金属が原因しているという説が論じられています。ニッケルが増えると皮膚炎などアレルギー症状になりやすいといわれ、アルミニウムの場合にはアルツハイマー病の原因になるともいわれています。まだまだ未知の分野であるため、今後さまざまな症状が報告されてくると考えられています。

有害金属 汚染源
水銀(Hg) 魚介類、歯科治療用アマルガム、柔軟剤、防カビ剤
鉛(Pb) 鉛管による水道水、排気ガス、土壌、塗料、殺虫剤、乾電池、たばこ
ヒ素(As) 土壌、残留農薬、殺虫剤、排気ガス
カドミウム(Cd) たばこ、排気ガス、汚染された食品、汚染された飲料水
アルミニウム(Al) 調理器具、食器、アルミ缶、アルミホイル、たばこ、殺虫剤、排気ガス
ベリリウム(Be) 大気汚染

有害金属が及ぼす症状

  • 慢性疲労、体力減退、老化、肌荒れ、各種皮膚疾患、アトピー、アレルギー
  • 動脈硬化、高血圧、高脂血症、その他動脈硬化に起因する各種心臓血管疾患
  • 頭痛、気分沈滞、集中力低下、更年期障害、月経前症候群
  • むくみ、便秘、風邪の初期症状、その他原因不明の体調不良 等

有害金属が肌に及ぼす影響

  • しみやくすみ、ニキビ

※有害金属は油に溶けやすいので、皮脂腺に溜まり、活性酸素を発生させます。活性酸素を含む皮脂腺は、しみやくすみ、ニキビの原因になります。

毛髪ミネラル検査

毛髪検査は、毛髪から体内の有害金属(水銀・カドミウム・ヒ素など)の蓄積度や、必須ミネラルのバランスを検査します。一人一人、体内に蓄積されている有害金属や必須ミネラルが異なるため、結果に合わせたケアの仕方はさまざまです。
正確な検査結果に基づいて体内の状況を把握できますので、適切な治療や生活習慣・食事内容などの日常ケアにご活用いただけます。

毛髪による検査は、血液や尿の検査よりも、正確に反映します。血液は身体の機能を一定の状態に保つ働きが加わったり、尿は検査の直前の飲食物が結果に左右されるなど、短期的な結果になりがちですが、毛髪はそれらの作用を受けることのない血中成分の排泄物で構成されているため、血液や尿よりも体内のミネラルバランスや測定が難しい微量有害金属の測定を正確に投影します。

毛髪検査で測定するミネラルの種類

有害金属

  • 水銀、鉛、ヒ素、カドミウム、アルミニウム、ベリリウム

必須ミネラル

  • ナトリウム、カリウム、マグネシウム、クロム、カルシウム、鉄、銅、モリブデン、マンガン、亜鉛、リン、セレニウム、リチウム、バナジウム、コバルト、ニッケル、ホウ素、ゲルマニウム、臭素、ヨウ素

毛髪ミネラル検査のプロセス

毛髪に体内のミネラルが反映されることから、毛髪ミネラル検査は、毛髪を分析することによって、体内の栄養状況を推察できます。有害ミネラル(水銀、カドミウム、鉛等6種類)と必須ミネラル(ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、亜鉛等20種類)が検査項目です。シロノクリニックでは、検査結果に基づいて、患者さまに必要な栄養素・それらを含む食材のアドバイスを行います。

治療の流れ

エイジングケアキレーション 治療時間:90分

問診・血液検査・毛髪検査

健康状態、有害金属の蓄積度・必須ミネラルの過不足、身体の傾向、補給が必要な栄養素などを検査します。(検査結果は1~2週間後)

デトックス点滴を行います

キレート剤を点滴します。(約70分)回数については検査結果により、医師とご相談ください。
※キレート剤…EDTA、ビタミン、ミネラル等

バイタルチャージ栄養点滴を行います

有害金属を排出後、美肌・抗酸化・代謝促進効果の高い、ビタミン・ミネラル・αリポ酸等を補給します。(約20分)
※回数については、医師とご相談ください。

美肌キレーション 治療時間:40分

診察後すぐに点滴を行います

※美肌キレート成分…EDTA、各種ビタミン、トラネキサム酸、グルタチオン、αリポ酸など
※回数については、医師とご相談ください。

重要なのは「続けること」です
体内の有害金属は1回のキレーションでは全てを排出できません。最低3カ月から半年続けることで効果が高まります。一時的な効果を求めるのはなく、体質改善・肌質改善としてじっくりと長期的に取り組まれることが、美しさ、若さを保つ早道です。

日常のケア

栄養学においてミネラルとは、一般的な有機物に含まれる元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外に、生体にとって欠かせない元素のことをいいます。無機質とも呼ばれ、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミンと並び五大栄養素の一つです。ミネラルは体内で合成することができないため、食物などから摂取しなけれぱなりません。

ミネラルのポイント

  • ビタミンよりもまず先にミネラルありきです。ミネラルがないとビタミンは機能しないのです。ビタミンやホルモン活性にはミネラルは不可欠ですので、何よりもまずミネラルなのです。
  • ミネラルは、その自然のバランスと含有種類の豊富さで選ぶべきです。原料が異なったり、適当に組み合わせたミネラルでは意味がなく、自然からまるごと抽出されたものこそベストなミネラルです。
  • ミネラルの単体摂取(カルシウムならカルシウムだけ、亜鉛なら亜鉛だけ)は、危険を伴う場合がります。

日本人の栄養所要量に取り上げられているのは13種のミネラルのみです。アメリカでは、人間の健康維持には “少なくとも45種類のミネラルが必要”といわれています。ミネラルの種類と含有量の多い食物は奥が深いようです。

ビタミンの種類と含有量の多い野菜や果物はいくつか把握できていても、ミネラルとなるといかがしょう。シロノクリニックでは、専門の医師による「必要なミネラルをどう摂取するかの提案」を行っております。

有害金属のポイント

体内に蓄積された有害金属の75%は便から、20%は尿から、3%は汗から、2%は毛髪と爪から排出されます。

腸内環境整備
体内に蓄積された有害金属の75%は便から排出されます。便秘がちという人は乳酸菌などの善玉菌を含む、ヨーグルトやサプリメント、食物繊維を摂取して、腸内環境を整えることが大切です。

水を飲む
ミネラルウォーターをたくさん飲んで、尿で有害金属を排出させてください。

発汗
岩盤浴やサウナや半身浴を利用して、汗で有害金属を排出させてください。

治療費

項目 方法・範囲 料金(1回) コース
※コースの有効期限1年間
回数 金額
キレーション
(デトックス点滴)
エイジングケア 15,000円 6 75,000円
美肌 10,000円 6 50,000円
血液検査 1回 10,000円
毛髪ミネラル 1回 10,000円