傷跡治療

Scar

あらゆる種類の傷跡を、切らずにキレイに目立たなくしていき、
心の傷も解消します。

傷跡の種類について

傷ができた原因は、鋭利な刃物で切った場合や転んでできた場合などさまざまあります。

傷ついた後の経過によってさまざまな傷跡が形成されていくため、いろいろな傷跡の形状が生じます。傷跡の種類により、治療方法が異なるため、症例数豊富な医師による治療をお勧めします。

平らな傷跡

外見上の赤みや色素沈着が問題となることが多いので、それらの症状に応じたレーザー治療を行います。細胞の活性化を促すダイオードレーザーや、赤み・色素沈着を分解するシナジー等を中心に使用し、傷の炎症を早く取り除き、傷跡を徐々にに目立たなくしていきます。

盛り上がりやくぼみのある傷跡

(上と同じ文章)→現行サイト 外見上の赤みや色素沈着が問題となることが多いので、それらの症状に応じたレーザー治療を行います。細胞の活性化を促すダイオードレーザーや、赤み・色素沈着を分解するVスターレーザー等を中心に使用し、傷の炎症を早く取り除き、傷跡を徐々にに目立たなくしていきます。

治療方法

フラクセル2レーザー

皮膚の再生能力に働きかけ、肌を新しい皮膚に入れ替えていく最新、かつ画期的なレーザーです。

シナジー

メラニンと毛細血管を破壊して、傷跡の赤みを除去するレーザーです。

炭酸ガスレーザー

盛り上がりが強い傷を削る場合に使用する、手術にも使用される強力なレーザーです。

ダイオードレーザー

低出力なので、細胞を傷つけずに活性化させたり、沈静化させる作用があるレーザーです。まだ新しい傷に使用する場合があります。

注入治療(ヒアルロン酸・ニューフィル)

ダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

ケナコルト剤の注射

強力に炎症を抑える作用があるため、炎症が持続した状態の、盛り上がりが強くでている傷跡に使用します。

サーマクール

レーザー光線の何倍もの強さをもつラジオ波(高周波)の熱エネルギーを使用して、自己コラーゲンを産生させることにより、傷跡の凹み改善や皮膚の中の塊を柔らかくする治療機器です。

バイオプトロン

紫外線を100%カットし、太陽光の素晴らしい部分だけを再現した、スイス開発の細胞を修復する光治療機です。火傷などの炎症期に他の治療と併用して使用する場合があります。