イボ・汗管腫・脾粒腫(ひりゅうしゅ)

治りにくい、気になるイボにはレーザー治療がお勧めです

イボにも色々な種類があります。基本的には、ウィルスによって表皮層が増殖したものがほとんどでが、増殖を防ぐには、早めに細胞を取り除くことが必要です。
切除手術・液体窒素などの治療方法は、切除手術は傷跡が残りやすく、液体窒素は通院回数が多いという理由から、レーザー治療をお勧めしています。レーザー治療は、イボ・盛り上がり・ウオノメ部分だけを、蒸散させて取り除くことができるため、皮膚に負担がかかりません。

イボ・汗管腫・脾粒腫(ひりゅうしゅ)概要・治療の特長

根の深いイボ、加齢にともなってできるぶつぶつなど、さまざまな種類があります。
ほとんどがウィルスによって表皮層が増殖したもので、増殖部分を取り除く治療になります。
ヒトパピローマウィルス感染が原因の場合は、特に大人は難治性です。感染して増えてしまう可能性もありますので、早めの治療をお勧めします。
切除手術は傷跡が残りやすく、液体窒素は通院回数が多いという理由から、レーザー治療がお勧めです。
レーザー治療は、イボ・盛り上がり・ウオノメ部分だけを、蒸散させて取り除くことができ、出血もほとんどなく、治療の跡も目立ちにくいお勧めの治療方法です。

イボ・盛り上がりについて

肌にぶつぶつなどができるスキントラブルがあります。

脾粒腫(ひりゅうしゅ)
目の周囲によく見られる、首の周りやワキの下にもできる米粒くらいの大きさのイボ状のぶつぶつのことをいいます。
白ニキビのような1ミリくらいの盛り上がりが特徴で一見ニキビのように見えますが、毛穴がないのでニキビのように圧出して中身を出すことはできません。
内容物には皮脂や、ケラチンという成分などが含まれています。良性脂肪塊なので転移の心配がなく、元々は皮膚の一部です。白髪のように年齢に比例して増えていく方もいます。スキンタッグとも呼ばれ、中高年の女性によく見られます。
汗管腫(かんかんしゅ)
汗を発生させるエクリン腺が、真皮内で増加してできた良性の皮膚腫瘍のことをいいます。散らばって生じることもありますが、普通は左右対称に寄り集まって多発します。
原因としては、遺伝性が指摘されていますが、はっきりしたことは判明していません。
汗管腫は悪性ではありませんが、美的な面で治療を希望する患者さまが多くご来院されています。中年以降の女性に多く見られ、まぶたの上やとくに下まぶたにできやすいといわれています。
米粒くらいに盛り上がったぶつぶつで増えてくると、寄り集まって少しずつ大きくなり、塊となって目立つ場合があります。

ウィルスに感染することが原因の盛り上がりがあります。

尋常性ゆうぜい
タコやウオノメとは違い、大きさは5~8ミリ程度で半球状に盛り上がり、表面は灰白色をしているヒトパピローマウィルスが原因の硬いイボのことをいいます。
自己療法で対処しても効果がなく、いよいよ大きくなってからご来院される場合も少なくありません。転移という認識がないので、手でむしったりすると他の部位に同じような症状が出てきます。
足の裏だけではなく、手指、鼻、膝など皮膚のどこにでも出来ます。
放置すると、隣の指に感染したり、大きくなると変形したりすることもあります。
青年性扁平ゆうぜい
若い方の顔面、頚部、手背、腕などにできやすい傾向があります。パポバウィルス群のヒト乳頭腫ウィルスの感染によってできる、表面は平らで、大きさは2~5ミリ程度の少しだけ盛り上がった茶色のイボのことをいいます。一見シミと間違えやすく、ひっかいたりすると、線状に広がってしまうことがあるので注意が必要です。
湿疹やニキビと誤診されて悪化する場合も非常に多くみられます。
コンジローム
ヒトパピローマウィルスが原因の成人の陰部周辺に発生するイボのことをいいます。始めは小さいのですが、徐々に寄り集まってカリフラワー状に大きくなっていくのが特徴です。
常に再発性が高い病気で完治するまでに1ヵ月に1回の治療で半年から1年かかる場合がほとんどです。
性行為などにより感染します。

イボによく似た皮膚病があります

水イボ
ボックスウィルス群に属する伝染性軟属腫ウィルスの皮膚感染による、伝染性のできもののことをいいます。俗に"水イボ"と呼ばれているものです。乳児から小児に好発する良性のウィルス性腫瘍でもあります。感染力はそれほど強くありませんが、人から人への直接感染の他に、タオルなどを介する感染も考えられます。米粒程度の丸くやわらかいできものです。
放置しても問題ありませんが、感染する場合があるため、早めに治療することをお勧めします。
老人性ゆうぜい(脂漏性角化症)
中年以降に多くみられる皮膚の良性腫瘍のことをいいます。皮膚の表皮が増殖することによって起こる老化現象です。
茶褐色で平らに盛り上がり、年齢とともに皮膚のどこにでもできますが、胴体やこめかみによくみられます。悪性化することもなく、癌化することもありません。
老人性角化腫(日光性角化症)
加齢によって生じるイボのことをいいます。老人性イボともいいます。黒く表面がガサガサの腫瘤で、放置すると盛り上がりが強くなることもあります。
紫外線により引き起こされた表皮を構成する細胞ケラチノサイトが異常に厚く堅くなったもので、顔面や手、背中に多くみられます。自覚症状がない方が多いのですが、軽度の痒みを伴う場合が稀にあります。
徐々に拡大し、表皮の肥厚・萎縮・びらん・角化などの変化が混在するようになると、一部は皮膚癌の一つ、有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)に移行する場合がありますので、早めに専門医を受診されて、組織検査を受けることをお勧めします。
軟線維腫
皮膚組織が盛り上がってできる柔らかい良性腫瘍の一種です。アクロコルドン、スキンタッグとも呼ばれ、付け根がくびれて茎になった先に腫瘤が垂れ下がったような形が特徴です。ワキの下や股の付け根、女性の陰部によくできます。
ウオノメとは?
ウオノメは外部からの刺激を慢性的に受けることによってできやすい皮膚の病変です。足の裏や足の指の背などによく見られます。
角質化した皮膚が、皮膚の深部にまで円錐状に食い込み、がっちり根づいた状態で、それが魚の目玉のように丸くなった形をしているところからつけられた名称です。
形状はタコやマメと似ていますが、大きな違いは、圧迫すると非常に強い痛みを伴います。目のようにくぼんだ中央部を囲むように周辺の皮膚が盛り上がり、内部はクサビを打ち込んだ状態になっています。
治療方法

炭酸ガスレーザー

主に炭酸ガスレーザーを用いて、イボ・盛り上がり部分を蒸散させます。レーザー治療なので出血もほとんどなく、イボ・盛り上がり部分以外の組織を傷つけずに治療を行います。

治療後は1週間程度カサブタになります。カサブタは自然にとれますが、赤みや多少陥没する場合もあります。皮膚が再生されていき、3~6ヶ月ほどで皮膚表面がほぼ平らになり、治療跡も目立たなくなっていきます。

また、扁平で薄茶色のイボなどはQスイッチヤグレーザーで治療する場合もあります。

症例写真

Qスイッチヤグレーザーは、メラニン色素に反応するので、周囲の組織を傷つけることなく、イボの色素だけ除去することができます。
いずれも、治療経験豊富な医師による診断により、最適な治療方法を提案させていただきます。

炭酸ガスレーザーを詳しく見る

症例写真

治療の流れ

1.非常に細い針で麻酔を行います。
2.レーザー照射
3.お薬を塗って終了。

スペシャルな企画満載で長年のお悩みをお得に解決!!

twitter 限定情報満載!あなたのフォロー、お待ちしております♪

採用情報

スタッフブログ

モバイルサイトのご案内

シーズメディカルグループ

メディカルローン

美容コラム Beauty Column

PAGE TOP


あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス @

閉じる