レーザー治療なら気になるホクロも根っこまで除去!

「跡が残らないように除去する」をモットーに、複数のレーザーを使用して治療にあたります。

当院のホクロ治療の特徴

ホクロ治療

ホクロのレーザー治療では、「跡が残らないように消す」をモットーに複数のレーザーを使用して丁寧に治療を行います。ホクロの治療には、主に「炭酸ガスレーザー」を照射してホクロの盛り上がり部分やホクロの組織を除去。皮膚へ負担がかからないレベルで治療を行い、残ったホクロの色素、メラニン色素のみを分解する「Qスイッチルビーレーザー」で吸収分解していきます。

当院では、大きさや形状により使用するレーザーなど使い分け、皮膚への負担を最小限することを徹底しています。更に、治療を2~3回に分けて行い徐々にホクロを縮めて取り除きますので、跡を残さず安全で確実にホクロを除去することが出来ます。

5年間の安全保証
シロノクリニックでは、跡が残らない安全で確実な治療を行うため、治療を分けて行います。更に、ホクロの根が深いため、後々再発することもございます。5年間のレーザー費用補償制度を設け、安全で確実、安心して治療を受けて頂けます。
レーザーでホクロがとれるメカニズム
1.ほくろにレーザー光線を0.1秒程度照射します。
2.ほくろの組織内の水分が、レーザー光を吸収して膨張します。このときほくろの周囲の血管が、凝固作用で一瞬のうちに固まるため、出血はありません。
3.膨張したほくろの細胞は、内圧によって一瞬のうちに蒸散します。
4.ほくろの深部に色素細胞が残っていれば、完全に色素がなくなるまで、症例数豊富な医師の目で確認しながら複数回照射します。
治療方法

ほくろの除去は、ほくろの基である母斑細胞を完全に取りきることが必要となります。
特に顔のほくろは、できるだけ傷を残さないために必要最小限の範囲だけを除去することが重要。

完全に母斑細胞を除去し、傷をできるだけ残さないためには、皮膚に含まれる水分とともにほくろの組織を蒸発させることができる炭酸ガスレーザーが効果的です。炭酸ガスレーザーは、ピンポイントで深く母斑細胞を除去することができるため、ほくろの除去に適しています。水に吸収されやすいという特徴があるため、皮膚に0.1秒照射しても皮膚の表面で吸収されて深く入ることがなく、ほとんど傷を残しません。少しずつ少しずつ削っていくイメージだとお考えください。

1~2ミリ程度の小さいほくろの場合、光治療器で0.1秒程度、2~3回照射するだけで、きれいに取れてしまいます。時間はわずかに1分ほどです。傷跡が残らないため、何日もばんそうこうやガーゼなどを貼る必要もありません。翌日から化粧も可能です。
例えば、会社が終わってから治療に来て、次の日はいつも通りに化粧をして出社する、ということが可能です。

大きいほくろや根の深いほくろの場合は、一度に取ってしまうと皮膚に負担がかかりすぎて、凹みが残る場合があります。例えば、「他の病院でほくろを取ったのですが、傷が残ってしまいました。先生、何とかなりますか?」と相談に来られる患者さまがいらっしゃいます。このような場合は、大きなほくろを1回で取ってしまったケースが多いようです。
シロノクリニックでは、2~3回に分けて治療し、徐々にほくろを縮めて取り除きます。
跡が残らない、安全で確実な治療を受けることが大切です。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー

組織や周辺の正常な皮膚にダメージを与えずホクロを除去!

炭酸ガスレーザーは、炭酸ガスを発振物質とした、発振効率のよいレーザーです。水分の多い組織を無差別に加熱し、蒸散させたり炭化させたりします。周囲組織への熱による損傷が比較的少なく、治療部位だけの組織を蒸散させる作用があります。

症例写真

炭酸ガスレーザーを詳しく見る

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザー

ホクロの色素を分解!

皮膚内部のメラニン色素を効果的に破壊することに優れているレーザー治療機器です。傷跡を残さずにメラニン色素のみを安全に治療しますので、周囲の正常な皮膚を傷つけることがありません。また、患部をすばやくカサブタ化へと導き、可能な限り炎症を抑えた治療を行うことができます。

Qスイッチルビーレーザーを詳しく見る


スペシャルな企画満載で長年のお悩みをお得に解決!!

twitter 限定情報満載!あなたのフォロー、お待ちしております♪

採用情報

スタッフブログ

モバイルサイトのご案内

シーズメディカルグループ

メディカルローン

美容コラム Beauty Column

PAGE TOP


あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス @

閉じる