シミ・ソバカス・くすみ

シミのタイプを診断し適切な治療と患者様のニーズに合わせたシミ治療が可能です。

「シミ」と一言でいっても様々な種類があります。紫外線によってできるシミ、小さい頃からみられるソバカス、両頬に地図状にひろがる肝斑、さらにニキビ跡の色素沈着やアザタイプのシミまで多様です。また、シミの治療方法もシミの種類によって異なります。一人一人のシミの状態・原因をしっかり判断し、最も適した治療プランを提案します。

フォトシルクプラス

シミ・ソバカス・くすみ治療

状態に応じた数種のレーザー・光治療器を使用して治療を行います。しみの種類や性質・濃さなどにより、治療経験豊富な医師が最適な治療方法を見極めご提案いたします。

それぞれのしみに対して、適切なレーザー・光治療器で治療を行うことにより、皮膚のダメージを最小限に抑えながら効果的に改善していきます。

PAGE TOP

シミの種類

シミには以下のようなものがあります。

老人性色素斑(日光性色素斑)

老人性色素斑(日光性色素斑)

日光色素斑とも呼ばれ、早ければ20歳代で、多くは40歳以降に顔面・手背・前腕など日光(紫外線)にあたるところにでる濃い褐色の境界明瞭なしみをいいます。加齢・紫外線の影響でできる茶色い色素斑です。しみの多くはこのタイプにあたります。発生当初は薄い茶色をしていますが、次第に濃くはっきりしてきます。
しみの中では、最もレーザーや光治療の反応が良く取れやすいのが特徴です。顔の側面にできやすく、何年も経つと隆起してくる場合もあります。

治療方法:
Qスイッチルビーレーザー、フォトシルクプラス、アキュチップ、ライムライトなど
脂漏性角化症(老人性いぼ)

脂漏性角化症(老人性いぼ)

30歳代以降の男女の顔やカラダにも現れます。角質細胞の増殖によりイボのように若干膨らんだしみです。加齢・紫外線が主な原因といわれています。老人性色素斑(日光性色素斑)とよく合併します。
しみの中では、最もレーザーや光治療の反応が良く取れやすいのが特徴です。顔の側面にできやすく、何年も経つと隆起してくる場合もあります。

治療方法:
Qスイッチルビーレーザー、炭酸ガスレーザー、フォトシルクプラス、アキュチップ、ライムライトなど
雀卵斑(ソバカス)

雀卵斑(ソバカス)

学童期・遺伝的に発生することが多く、鼻を中心に左右対称に散在する小さい色素斑のことをいいます。主に顔の目の下にみられる、直径3~5ミリの細かく散在した茶色の色素斑で、手・背中・肩にもできることがあります。紫外線の影響で濃くなる場合もあり、再発しやすいことが特徴です。

治療方法:
Qスイッチルビーレーザー、フォトシルクプラス、アキュチップ、ライムライトなど
肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)

目の周囲を除いた頬の高い位置や額などに左右対称で現れ、地図のような形状をしているのが特徴です。原因は諸説ありますが、女性ホルモンが大きく関与していると言われ、その他に妊娠やピル・心理的原因・肝機能障害・皮膚への過剰刺激・そして紫外線など原因はさまざまです。しかし60歳以降になると症状が軽くなるといわれています。

従来の皮膚科的な常識では、レーザー治療は肝斑を余計に濃くさせてしまうため、禁忌とされてきました。肝斑には、トラネキサム酸やビタミンCなどの薬が有効とされてきたため、気長に治療していくか、諦めてしまうケースがほとんどでした。
しかし当院では、肝斑に悩む多くの患者さまの声にお応えするべく、肝斑に有効な特殊なレーザー(いままでのようなしみ取りレーザーではありません)や、光治療器、アクシダームと呼ばれる特殊な薬液導入機を用いて、積極的に治療を展開し、多くの患者さまの肝斑のお悩みを改善しています。

肝斑は、他のしみと比べると、時間もかかり手間もかかる厄介なしみであることに違いはありません。根気よく、続けて治療を行うことが、改善へ大きく繋がります。
しみの中では、最もレーザーや光治療の反応が良く取れやすいのが特徴です。顔の側面にできやすく、何年も経つと隆起してくる場合もあります。

治療方法:
フォトシルクプラス、Qスイッチヤグレーザー、カーボンピーリング、ヤグレーザーピーリング、肝斑アクシダーム、院内処方薬など
色素沈着

色素沈着

皮膚は、何らかのダメージを受けると炎症を起こし、炎症が強いとその後に色素沈着を残します。ニキビ跡の色素沈着、アトピー性皮膚炎の色素沈着、傷跡の色素沈着、レーザー治療後の色素沈着などがこれにあたります。
炎症が治まれば、時間の経過と共に消失しますが、場合によっては長期間残存することがあり、その間に紫外線の影響を受けて濃くなる場合があります。
しみの中では、最もレーザーや光治療の反応が良く取れやすいのが特徴です。顔の側面にできやすく、何年も経つと隆起してくる場合もあります。

治療方法:
Qスイッチルビーレーザー、フォトシルクプラス、ダイオードレーザー、など
ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

成人になってから頬や額の両側に現れます。雀卵斑(ソバカス)より少し大きいくらいのグレーから紫がかったアザです。アザと聞くと、生まれつきあるものと思われがちですが、成人になって発現するアザもあります。
他のしみとの区別が難しく、肝斑が混在すると判別しにくくなります。
しみの中では、最もレーザーや光治療の反応が良く取れやすいのが特徴です。顔の側面にできやすく、何年も経つと隆起してくる場合もあります。

治療方法:
Qスイッチルビーレーザーなど

PAGE TOP

シロノクリニック大阪のシミ・ソバカス・くすみ治療法 最新レーザー シミ・ソバカス・くすみ治療

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザー

長年のシミ、老人性色素斑、ソバカスなどを一瞬にして分解する

Qスイッチルビーレーザーは長年のシミ、老人性色素斑、ソバカスなどを一瞬にして分解する強力なレーザー治療器です。皮膚内部のメラニン色素のみに反応し、周辺の皮膚組織にダメージを与えないため、傷跡を残さずにシミやアザを取り除きます。

症例写真

Qスイッチルビーレーザーを詳しく見る

フォトシルクプラス

フォトシルクプラス

これ以上薄くならない!と諦めていたシミやくすみ、皮膚奥に潜んでいるシミ予備軍まで退治!

フォトシルクプラスはシミやはりの元となるメラニンを効率よく分解するのに適したフラッシュランプを搭載した美白効果に優れた光治療機です。
美白化粧品などではなかなか取れないシミや肌の色ムラくすみをダウンタイムなしで改善させます。

さらに、肌奥にあるコラーゲンにも作用するため、肌のハリやキメを整えてくれる美白と美肌効果療法に優れている人気のシミ取り治療器です。

症例写真

フォトシルクプラスを詳しく見る

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー

盛り上がりがあるシミを一瞬にして除去!

炭酸ガスレーザーは、皮膚組織内の水分に吸収され、瞬時に組織を凝固蒸散させます。そのため出血がほんとんどなく、盛り上がりのあるシミやイボ、ホクロなどの取り除きたい組織の除去が可能です。

<

症例写真

炭酸ガスレーザーを詳しく見る

Qスイッチヤグレーザー

Qスイッチヤグレーザー

2種類のレーザー光を搭載、深い色素から浅い色素まで分解します!

Qスイッチヤグレーザーは、2種類の波長を兼ね備え、選択することで皮膚の浅い層(シミ・ソバカス)から、深い層(刺青等)まで治療することが可能です。さらに、超短時間でレーザーを照射することができる機能も搭載されているため、色素以外の正常な組織へのダメージを与えず治療が行えます。

症例写真

Qスイッチヤグレーザーを詳しく見る

ヤグレーザーピーリング

ヤグレーザーピーリング

肌の色を均一にする、肌の色ムラ・くすみを除去!

皮膚を透過するヤグレーザー光が皮膚のコラーゲンを作る細胞(線維芽細胞)を刺激し、コラーゲンを再生します。それにより乾燥小じわが改善し、ハリある肌へと導きます。また、マイルドなピーリング作用により、古い角質を除去、肌のターンオーバーを正常化させ、くすみや色むらを改善し、お肌の透明感がアップします。

ヤグレーザーピーリングを詳しく見る

日常のケア

UVケア

しみを作らない基礎は、紫外線対策にUV効果のある化粧品、日焼け止めを使うことは絶対です。
UV化粧品には、SPFやPAという表記があります。この意味が何かご存じですか?

SPF
肌に炎症を起こし、色素沈着を起こす原因であるUVBを防止する効果の程度を「数値」で表したもの

※SPF1で20分の日焼け止め防止効果があります。SPF30×20分=600分→約10時間程度効果が期待できます。

PA
肌を黒くするほか、皮膚の奥深くに侵入するUVAを防御する効果の程度を「記号」で表したもの
  • PA+:UV-Aを防御する効果がある
  • PA++:UV-Aを防御する効果がかなりある
  • PA+++:UV-Aを防御する効果が非常にある

数字やプラスが多いほど、紫外線対策効果が高いと思ってしまいますが、実は違います。これらの数値は、日焼けが始まるまでの時間を何も塗らないときと比べてどれだけ日焼けを遅らせることができるか、という目安を表したものになります。

紫外線対策は、UVカットクリームをしっかりと塗ったからといって、安心はできません。さらに日傘、帽子は必需品です。UVカットクリームは、SPFやPAの値が高いほど肌への負担が大きくなり、しみの原因になる乾燥を招いてしまいます。スキンケアのつもりが、塗りすぎで、肌にダメージを与えてしまう場合もあります。そのため、医師の診断によるスキンケアのカウンセリングをお勧めしています。

明日にでもできることは、冬に夏用のUV化粧品を使うのはお止めください。夏用のUV化粧品は、そもそも汗に強く落ちにくくできています。落ちにくい化粧品は、それだけで肌に負担をかけ、より肌を乾燥させてしまいます。冬の紫外線対策は保湿効果のあるもの、化粧下地にもなるものを選んで使うと最適です。

ご自身の肌質と季節にあった正しい紫外線対策は、次のしみを作らない重要なポイントなのです。

UV&WHITE モイスチャーミルク SPF30 PA++

UV&WHITE モイスチャーミルク SPF30 PA++ 3,800円

紫外線をカットするだけでなく、肌ダメージを防ぐ成分やブライトニング成分を配合しました。しみ、ソバカスなど、紫外線が肌に与える影響を抑え、明るく健康的な肌に整えます。

治療費

項目 方法・範囲 料金(1回) コース ※有効期限は1年間
- -
両頬 1回 40,000円 -
顔全体 1回 60,000円 -
手の甲 1回 40,000円 -
前腕 1回 60,000円 -

スペシャルな企画満載で長年のお悩みをお得に解決!!

twitter 限定情報満載!あなたのフォロー、お待ちしております♪

採用情報

スタッフブログ

モバイルサイトのご案内

シーズメディカルグループ

メディカルローン

美容コラム Beauty Column

PAGE TOP


あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス @

閉じる