レーザー治療で、肌本来の色を取り戻せます

白斑症の原因は、はっきりと解明されておりませんが、過度のストレス等による自己免疫異常によるメラニンの破壊等が考えられます。

一般に皮膚の色は、表皮の中に含まれるメラニン顆粒の量によります。このメラニン顆粒は皮膚の一番底にあるメラノサイトという細胞でつくられます。ところがこのメラノサイトが何らかの理由で壊されてなくなり機能が低下してしまうと、メラニンの産出が極度に低下あるいは消失してしまい、皮膚が白く色のない状態になってしまうのです。この状態が白斑症です。

レーザー治療の場合、高出力レーザーと、低出力レーザーやバイオプトロンなどを併用した複合治療が主に行われます。副作用もなく、また従来のソラーレンによる内服薬治療や光線療法などに比べて高い治療結果を認めています。

白斑症は皮膚病のなかでも最も治りにくい病気の一つです。今のところ原因が解明されていないので、根本的治療方法が確立していません。しかし、ご自身に合った対症療法を根気よく行うことによって良くなる可能性があります。

白斑の原因

白斑はメラニン色素をつくる細胞であるメラノサイトの消失あるいはメラニン色素生成機能の停止により生じます。その発症原因はいまだ不明ですが、大きく2つの説が一般にいわれています。

自己免疫説
メラニン色素をつくるメラノサイトに対する自己抗体の存在が認められています。この自己抗体が自分自身のメラノサイトを破壊します(自己免疫機序)。
神経説
白斑の分布が神経の支配領域に出現する事実や白斑部に一致して自律神経系の変化(発汗異常)が認められることがあります。最近、皮膚の神経終末とメラノサイトが接続していることが明らかにされました。さらに培養色素細胞において神経蛋白であるカルチトニン遺伝子関連蛋白などが培養細胞を刺激し、神経系が正常メラノサイトや分節型白斑のメラノサイトに影響をおよぼしていることが明らかになってきました。分節型白斑では神経蛋白の分泌低下が起こるか、神経蛋白に対するメラノサイトの感受性低下が起こっているのかもしれません。

シロノクリニック大阪の白斑治療法

フラクセル2レーザー

フラクセル2レーザー

「肌を10年前に戻す」画期的なレーザー治療器!

フラクセル2は、加齢とともにダメージを受けてしまった疲れた肌を、生まれたての若い肌に入れ替える画期的なアンチエイジング治療です。ニキビで痛んだ古い凸凹肌をレーザーを使用して、新しい皮膚に入れ替えることができます。あらゆる肌の悩みに効果を発揮し、思わず触りたくなる、瑞々しくハリのある肌に蘇ります。

このようなお悩みにお勧めします
  • 法令線が目立ってきた
  • 口角が下がってきた
  • 瞼が重くなってきた
  • 二重あごが気になる(小顔効果)
  • フェイスラインがぼやけてきた
  • 頬の毛穴が縦長になってきた
  • 首がたるんできた

フラクセル2レーザーを詳しく見る

バイオプトロン

バイオプトロン

人間が持つ自然治癒力・免疫に呼びかけ、美と健康を取り戻します!

バイオプトロンは、太陽光線から身体や皮膚に有害な紫外線を取り除き、可視光線・赤外線だけを取り出した人工的な「太陽光線」をいいます。可視光線には、老化した肌の細胞を蘇生させるアンチエイジング効果があります。

バイオプトロンを詳しく見る


スペシャルな企画満載で長年のお悩みをお得に解決!!

twitter 限定情報満載!あなたのフォロー、お待ちしております♪

採用情報

スタッフブログ

モバイルサイトのご案内

シーズメディカルグループ

メディカルローン

美容コラム Beauty Column

PAGE TOP


あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス @

閉じる