アトピー性皮膚炎

お子さまから大人まで、最適な治療方法

アトピー性皮膚炎はもともと何かに対して身体が拒絶反応を示しているので、体質そのものを改善しない限り、根底から治るということはありません。そのため、その時の症状に応じた、いわゆる対処療法が行われているのが現状です。一般的な治療としては日常生活指導に加えて、ステロイド剤の外用、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤の内服などが行われています。

しかし、ステロイド剤を長期使用している場合などは、皮膚が薄くなって破れたり、感染症にかかりやすくなったり、血管が弱くなってすぐ内出血したり、小児では発育にも影響を与えたりと、副作用の問題があります。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎には2つの原因が考えられます。一つが肌の問題である「皮膚のバリア機能の低下(角質層の機能低下)」、もう一つが体の問題である「免疫機能の異常(アレルギー)」です。

皮膚のバリア機能の低下(肌の問題)
皮膚のバリア機能の低下皮膚のバリア機能は、角質層の状態で判断できます。
角質層は表皮の一番外側にあり、水分保持や外部の刺激から皮膚を守る役割を担っています。健全な角質層は、折り重なる角質細胞の間をセラミドなどの細胞間脂質で満たされていて、高いバリア機能を保っています。
バリア機能が低下すると外的刺激を受けやすくなります。最近のデータではアトピー性皮膚炎の方は角質層内におけるセラミド生成機能に支障があることがわかっています。
現在、医学的に断定された原因は特定できていませんが、日常生活における皮膚に対して継続するマイナス要因が、何らかの形でそうさせるのではないかと考えられています。
免疫機能の異常(体の問題)
免疫機能の異常アトピー性皮膚炎の場合は交感神経優位の状態の方が多く、実際にそのような方の多くには、一進一退を繰り返しやすく、ちょっとした事で傷や炎症が現れやすい状態が見られます。
これは粘膜に炎症を起こしやすい顆粒球増の状態を招いていることも原因の一つと考えられます。このように自律神経のアンバランスが、アトピー性皮膚炎の症状に深く関わる免疫系にも影響を与えるのです。

シロノクリニック大阪のアトピー性皮膚炎治療法

バイオプトロン

バイオプトロン

人間が持つ自然治癒力・免疫に呼びかけ、美と健康を取り戻します!

バイオプトロンは、太陽光線から身体や皮膚に有害な紫外線を取り除き、可視光線・赤外線だけを取り出した人工的な「太陽光線」をいいます。可視光線には、老化した肌の細胞を蘇生させるアンチエイジング効果があります。

バイオプトロンを詳しく見る

美容点滴・プラセンタ

目的や症状に合わせて、身体の内側から有効成分を取り入れる!

肌トラブルや身体の不調などの目的や症状に合わせて、身体の内側から有効成分を取り入れます。ご要望に応じて追加のオプションが可能な、オーダーメイドの注射・点滴です。

美容点滴・プラセンタを詳しく見る

メガビタミンC点滴

内服では摂取することのできない大量・超高濃度のビタミンCを点滴し、体内の血中濃度を急激に上昇させることで、飛躍的に効果が期待できる点滴治療方法です。美白・美肌、アンチエイジングはもちろんのこと、抗アレルギーから抗ガン治療にいたるまでさまざまな嬉しい効果をもたらします。

外用薬:AHPクリーム

アミノ酸を豊富に含んだクリームです。アミノ酸は保湿力が高く、保湿が欠かせないアトピー性皮膚炎には最適の外用薬です。


スペシャルな企画満載で長年のお悩みをお得に解決!!

twitter 限定情報満載!あなたのフォロー、お待ちしております♪

採用情報

スタッフブログ

モバイルサイトのご案内

シーズメディカルグループ

メディカルローン

美容コラム Beauty Column

PAGE TOP


あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス @

閉じる