logo

ヒアルロン酸注入

入れすぎない、
より自然な仕上がりに拘った
注入テクニックを提供します

当院では、患者さまが持っておられる本来のお顔立ちの良さを大切にし、他人に注入したことを極力気付かれない自然な仕上がりに拘って注入プランをご提案します。

こんな方に、こんな時に

  • しわ・たるみが気になる
  • 疲れて見える印象をなんとかしたい
  • 自然に若々しい印象にしたい
  • 顔の輪郭を整えたい
  • 平べったい顔に自然な立体感をもたせたい
  • 法令線が気になる
  • ゴルゴラインが気になる
  • 目の下のくぼみによるクマ
  • 顎が小さい
  • フェイスラインを綺麗に見せたい
カウンセリングのご予約はこちら

ヒアルロン酸注入を
成功させる3つの鍵

ヒアルロン酸注入を失敗しないために特に大事なのは、的確なアセスメント・適切な製剤選び・適切な注入テクニックです。

的確なアセスメント

治療の前に、なぜ注入用ヒアルロン酸が必要なのか、受けられる方のお顔にどんな問題が起きているのか、しっかり観察し的確にアセスメントすることが大切です。
「法令線が気になるから法令線だけを見てそこに注入する」という単純な発想では、ヒアルロン酸治療の成功に繋がらない場合があります。法令線が目立つ原因が法令線以外の部位にある場合も少なくなく、顔全体トータルの状態を確認して原因を見極め、本当に注入すべき部位と必要量を見極めます。

適切な製剤選び

注入療法に使われるヒアルロン酸製剤は世界中に数えきれないほど存在します。
製剤によって、生成方法やヒアルロン酸の濃度・硬さ・粘度などが違い、自然な仕上がりを目指すには注入部位やその状態、注入療法によってどうなりたいかの目的にマッチした製剤選びが重要です。また、副作用を極力避けるためにも、安全が担保されたものを選択する必要があります。
当院では数あるヒアルロン酸の中でも、安全性にエビデンスがある製剤のみを取り揃え、長年の経験と知識に基づいてベストな製剤をお選びします。

適切なテクニック

自然な仕上がりのヒアルロン酸注入を行うためには、製剤が必要な部位に至適用量、安全に注入されることが重要です。
注入用ヒアルロン酸は皮膚の外側から注射針で注入していく手技のため、皮膚を通過した針先がどうなっているのか視認できません。
また、皮膚の下は、脂肪や筋肉・骨・血管・神経などが複雑に存在しているため、安全・的確な治療を行うためには、針先が今どこにどういう状態にあるのか想像し、確信を持って治療を行う必要があります。それを実現する為には十分な解剖学的知識と、それに基づいた注入テクニックが必要です。
当院では国内外問わず学会やセミナーに積極的に参加するなど、常に知識と技術を磨き続け安心して施術をお任せ頂けるよう体制を整えております。

当院取り扱いの
注入用ヒアルロン酸製剤

レスチレンシリーズ

スイスの老舗医薬品メーカー/ガルデルマ社製
注入用ヒアルロン酸製剤の中でも歴史が長く、非動物性由来のヒアルロン酸フィラー(注入剤)としてFDAで初めて承認された製品です。25年間(2022年1月時点)で世界100か国以上、5000万回以上の施術に使われています。
基本的にヒアルロン酸は生体になじみやすく安全性の高い成分と考えられていますが、近年、注入用ヒアルロン酸製剤に含まれるヒアルロン酸を安定化させるための架橋剤によるトラブルが一部報告されています。レスチレン製剤は、ヒアルロン酸製剤の中でも架橋率が1%以下と最も少なく、副作用報告の少ない製剤となっています。
院長の清家は、ガルデルマ社からレスチレン注入トレーニングの指導医として認定されています。
※厚生労働省承認品

ジュビダームシリーズ

米国のボトックスでも有名/アラガン社製
アラガン社は美容医療・乳腺外科・ガン化などに関する医薬品医療機器の研究・開発・販売も行っています。レスチレンシリーズと並んで、世界でも広く使われている注入用ヒアルロン酸製剤です。
注入療法における様々なニーズに幅広く対応できるシリーズです。
※厚生労働省承認品

ベロテロシリーズ

ドイツの老舗美容医療メーカー/メルツ社製
メルツ社はヒアルロン酸以外にも当院で人気のたるみ治療に使うウルセラやボツリヌストキシン製剤のゼオミンのメーカーでもあり、そのほか多種美容医療関連製品で世界的に非常に有名な会社です。ベロテロシリーズもグローバルに使用されており、目的に応じた幅広いレンジがあり、注入療法が適応となるあらゆる悩みに対して柔軟に対応でき非常に使いやすいシリーズです。
院長の清家は、2018年10月タイ・バンコクで開催されたメルツ社主催のメルツアジアパシフィックマスタークラスに、日本人医師二名のうちの一名として招待され、ヒアルロン酸注入において世界でも著名なドクターからヒアルロン酸注入に関する知識と技術を深く学ぶ機会を頂きました。

※FDA(米国の厚労省に相当する機関)の承認取得(2014年)

清家院長がおすすめする理由

人には気づかれない程度に、
ご自身では嬉しい変化を
感じられます

ヒアルロン酸注入に興味はあるけれど、不自然になったり入れすぎたりしないか心配な方も多いと思います。ヒアルロン酸注入において私がこだわっているのは、安全第一はもちろん、仕上がりにおいて他人には気づかれない程度に、でも自身には嬉しい変化を感じられる、ごく自然な仕上がりにさせて頂くことです。正しい知識とテクニックを持ってすれば、少しの量のヒアルロン酸で若々しい印象に変えることができます。

清家院長がおすすめする理由

治療の流れ

  • 1.メイクオフ(顔治療の場合)

    診察前にメイクオフ(お化粧・日焼け止め)をお願いいたします。
    クレンジングをご用意しておりますので、
    ご希望の方はスタッフへお声掛けください。

    2.麻酔

    表面麻酔で治療部位の痛みを和らげます。
    (別途費用要)

    3.アセスメント&マーキング

    再度アセスメントの確認、メルクマールとなるポイントにマーキングをします。

    4.消毒&治療開始

    施術部位を消毒し、注入していきます。

    5.チェック&タッチアップ

    その都度、注入の状態や全体バランスを角度を変えて確認。補正注入・モールディング(なじませる)で仕上げていきます。

    6.最終チェック&終了

    注入完了後、患者様と仕上がりを確認。
    お肌に強い赤みや痛みなど問題がなければ、針の刺入部位にテープを貼って終了です。

治療のポイント

所要時間【治療時間】10~30分 
※注入本数によります
【麻酔時間】約30分
効果の持続期間約半年~1、2年 
※状態や注入量・製剤によります
痛み部位によりチクチクした針の痛みがありますがほとんどが許容範囲です。
必要に応じて表面麻酔とブロック麻酔で痛みを軽減いたします。
お化粧当日はお控えください。
翌日から可能です。
副作用・リスク内出血、腫れ、感染、異物反応、アレルギー
治療を受けられない場合以下に当てはまる方は、
事前にご申告ください。
・妊娠中、妊娠の予定がある
・現在、過去で美容治療の経験がある
・現在治療中の病気、過去の既往,手術歴がある
・免疫不全がある
・ヒアルロン酸アレルギーがある
・キシロカイン(麻酔薬)に対するアレルギーがある
・注入部位に強い感染、
炎症、異物がある
注意事項治療当日は激しい運動や
過度な摩擦・圧迫、飲酒、
長時間の入浴は控えてください。

治療費

ヒアルロン酸注入

メニュー 1回料金 コース
1本 88,000円

---

※ヒアルロン酸/1本 88,000円~
製剤によって料金が異なります。
詳しくはお問い合わせください。

監修医師

Junko Seike
清家 純子 院長

経歴
1993年
関西医科大学医学部卒業、
同年 京都大学医学部付属病院形成外科教室入局
2001年
シロノクリニック入職
シロノクリニック大阪院 院長に就任し、21年半、院長を務める
2023年1月
シロノJクリニック開設
所属学会・資格
  • 日本レーザー医学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本美容皮膚科学会
  • ほか
その他
  • サーマクール認定医
  • ウルセラ認定医
  • ドクターシーラボ開発顧問&認定医師
  • ガルデルマ認定レスチレン(ヒアルロン酸注入剤)トレーニングドクター
  • ほか
LINE予約
Web予約
電話予約