logo

Qスイッチルビーレーザー

しみ・あざなど
色素性病変に対する
スタンダードなレーザー治療機

Qスイッチルビーレーザーは、メラニン色素に吸収されやすい694nmの波長のレーザーで、メラニン色素を選択的に破壊することが可能なレーザーです。
メラニン色素にのみ反応し、周辺組織にダメージを与えにくいため、シミソバカス、ホクロの色素除去、黒あざ、刺青・タトゥーなど、様々な色素性病変の治療の定番です。

こんな方に、こんな時に

  • 日光黒子・雀卵斑(しみ・そばかす)
  • ほくろ
  • あざ(色素性母斑・蒙古斑・異所性蒙古斑・太田母斑・扁平母斑など)
  • アートメイク・タトゥー除去
カウンセリングのご予約はこちら

Qスイッチルビーレーザーの特徴

均一な照射が可能なトップハット型ビーム

特許取得のカライドスコープ・ハンドピースを採用。エネルギー密度が均一であるため、創面がフラットで、効率よくムラのない照射が可能です。

治療効果を高める六角照射形

六角照射形により、すき間や重ね打ちを防ぎ、均一な治療ができるので治療効率を高めます。

治療をスピーディにする1.25Hz

繰り返し照射スピードが1.25Hzに早まり、ルビーレーザーでは国内最速の1分間75ショットを可能にしました。0.5Hzで照射することもできます。

最新型のQスイッチルビーレーザー The Ruby Z1(ザ・ルビーZ1)

The Ruby Z1は、シミやアザの種類に合わせてQスイッチモードとノーマルパルスモードを自由に選択することができます。
Qスイッチモードは強力なエネルギーで、皮膚の深い部分(真皮)にあるメラニン色素を破壊します。ノーマルパルスモードは、皮膚の浅い部分にマイルドに治療が行えます。The Ruby Z1は、この2種のモードを使い分けて、侵襲の少ない治療を行います。

Qスイッチモード

強力なエネルギーで皮膚の深い部分(真皮)にあるメラニンを破壊します。このQスイッチは、レーザー光線の発生を止めるシャッターのような装置で、5千万分の1秒(20nSEC:20ナノセカンド⇒10億分の20秒)という極度に短い時間で動作します。フラッシュランプの発光中は、レーザー光線の発生を抑え、発光が終わると同時に作動させ、光が媒体を通過できるようにして、急激にレーザー光線を発生させる仕掛けです。照射時間が非常に短いため、皮膚に傷を残しません。

ノーマルパルスモード

真皮へのダメージを与えずに、皮膚の浅い部分(表皮)をカサブタ化させて、Qスイッチモードに比べてマイルドな治療を行うことができます。

治療のメカニズム

  1. 1. しみ・あざ

    しみやあざは皮膚のメラニン色素の増加によって形成され、メラニンの増加の度合いや深さによって、茶・青・黒に見えます。

  2. 2. レーザー照射

    ルビーレーザーの光はメラニン色素によく吸収されるので、正常組織のダメージを最小限に抑えながら、メラニン色素のみを選択的に破壊します。

  3. 3. 色素の排出・分解

    破壊された色素は、皮膚の浅い部分にある場合は数週間のうちに皮膚表面に排出されます。皮膚の深い部分の色素は数ヶ月かけて吸収され分解されます。

  4. 4. 治療後

    破壊された色素の排出・分解が進むにつれて、しみ・あざの色素がない正常な肌に近づきます。

清家院長がおすすめする理由

Qスイッチルビーレーザーは、レーザー治療の王道です。

Qスイッチルビーレーザーは、色素性病変の治療において、周辺部へのダメージを最小限に、患部のみを確実に除去するために開発されたQスイッチ系レーザーの定番とも言えるレーザーで、Qスイッチ系レーザーが臨床的に広く使われるようになった当初から存在し、その歴史は長く、今なお皮膚科領域のレーザー治療の王道として君臨するレーザー機器です。年々、レーザーはじめ、メスを使わない、治療機器が新しく開発されていますが、今なおすたれることがないのは、その効果や安全性に揺るぎがないということを示していると言っても過言ではありません。Qスイッチレーザーがなかったころは、ホクロやあざは外科的切除やドライアイスによる凍結療法が主な選択肢でしたが、ダメージレスで治療できるQスイッチルビーレーザーの登場により、色素病変の治療の効果が格段にあがりました。しみやソバカスなど美容治療の歴史においても大いなる貢献をしたレーザー治療機器です。

清家院長がおすすめする理由

治療の流れ

  • 1.照射部位のお化粧を落として洗顔

    お顔の治療の場合は、ファンデーションがレーザーに反応してしまうため、お化粧を落とす必要があります。

    2.ご希望に応じて表面麻酔を塗布

    照射時に多少の痛みを伴うため、安心して治療をお受けいただくため、ご希望に応じて、治療部位に麻酔を行います。(所要時間:30~60分間)

    3.Qスイッチルビーレーザーを照射

    照射後、照射部位は白くなります。これがカサブタ化します。

    4.創傷保護テープを貼る

    照射後は、肌色の創傷保護テープを貼ります。患部をカバーし、治癒に最適な湿潤環境を維持します。

治療のポイント

所要時間治療箇所、部位・ショット数によります。
レーザー1ショットの照射時間は、1秒以下の一瞬です。
照射後は、冷却の時間として10分~20分程度要します。
治療間隔治療後2週間ごとに別途アフターケアのレーザーを行います。
あざなど、複数回治療が必要な場合の再治療は、最短で3か月です。
痛みパチンと弾くような痛みがあります。
治療の際には、冷却またはご希望に応じて塗布麻酔を行います。
お化粧治療後はテープで保護します。
お化粧はカサブタが取れてから(治療後1~2週間)可能です。
副作用・リスク赤み、腫れ、火傷、水疱、色素沈着
注意事項治療後は、かさぶたが取れた後は、一時的にデリケートな状態になっていますので、紫外線対策と摩擦に注意してください。紫外線や摩擦により一時的に濃くなる(一過性の色素沈着)ケースがあります。紫外線の強度に応じた日焼け止めの使用を推奨します。

治療費

Qスイッチルビーレーザー

メニュー 1回料金 コース
しみ(直径 5mm未満) 5,500円

---

しみ(1cm×1cm) 22,000円

---

あざ(1cm×1cm) 11,000円

---

ほくろ(1mm) 11,000円

---

ほくろ(8mm以上一律) 88,000円

---

面積(1cm×1cm) 11,000円

---

刺青(1cm×1cm) 11,000円

---

刺青(10cm×10cm) 110,000円

---

アートメイク(1cm) 11,000円

---

監修医師

Junko Seike
清家 純子 院長

経歴
1993年
関西医科大学医学部卒業、
同年 京都大学医学部付属病院形成外科教室入局
2001年
シロノクリニック入職
シロノクリニック大阪院 院長に就任し、21年半、院長を務める
2023年1月
シロノJクリニック開設
所属学会・資格
  • 日本レーザー医学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本美容皮膚科学会
  • ほか
その他
  • サーマクール認定医
  • ウルセラ認定医
  • ドクターシーラボ開発顧問&認定医師
  • ガルデルマ認定レスチレン(ヒアルロン酸注入剤)トレーニングドクター
  • ほか
LINE予約
Web予約
電話予約