logo

フラクセル3

元祖フラクショナルレーザー
最小限のダウンタイムで
皮膚の修復・入れ替えを。

フラクセル3は、皮膚の入れ替えレーザーとも呼ばれ、フラクショナルレーザーの元祖です。レーザーを点状照射(フラクショナル照射)して、ミクロ単位の熱凝固層を形成し、その治癒過程によって新しい皮膚へ再生させる治療器機です。
レーザーを点状照射することで、凝固層は健常組織で囲まれ、迅速な治癒とリモデリングが起こります。表皮のリサーフェシング効果と真皮層の長期的なコラーゲンリモデリング効果の2つの作用により、複合的な肌トラブルの改善が期待できます。レーザー熱の深達度を何段階にも設定でき、ダメージの深さに合わせて調整が可能。皮膚表面の浅いシワから真皮に達するニキビ跡の凹みまで、様々な皮膚トラブルに対応します。ミクロ単位の点状照射により、皮膚の修復にかかる時間が短く、ダウンタイムが比較的少ないのも特徴です。

こんな方に、こんな時に

  • ニキビ跡の凹凸・赤み
  • 小ジワ・毛穴
  • 傷跡・瘢痕
  • 肉割れ・妊娠線
  • 水疱瘡跡の凹み
  • 目頭切開・鼻翼縮小術などの手術跡
  • 火傷跡
カウンセリングのご予約はこちら

フラクセル3-DUAL
レーザーとは

「新しい肌にリセットする」
皮膚の入れ替えレーザー

フラクセル3は、世界で初めてFractional Photothermolysis理論を発表したSolta社が開発した、肌の再生を目的としたエルビウムグラスレーザーです。コンピューター制御によってレーザーをミクロレベルで細かく分割、点状にレーザー光を発射するフラクショナル方式により、皮膚の入れ替え(リサーフェシング)を行い肌の再生を促します。
フラクショナルという概念がなかった以前は、皮膚のリサーフェシングには、アブレージョンやディープピーリングなど皮膚を面で削るような方法しかなかったため、長引くダウンタイムや施術後の色素沈着のリスクの問題がありました。レーザーを細かく点状に照射できるフラクセル方式によって、ダウンタイムとリスクを最小限に、比較的深い層から肌再生が行えるようになりました。

※フラクセル3は、アメリカのFDAの認可を受けています。

フラクセル3-DUALの特徴

|フラクショナル照射

コンピューター制御によって、レーザーを細かく点状照射(フラクショナル照射)します。レーザーを「面」ではなく「点」状に照射することでダメージを受けない部分が残り、そこから再生が進むため、照射後の皮膚の回復が早く、ダウンタイムが最小限になりました。

|ノンアブレーティブ
 フラクショナル

フラクショナルレーザーは、2タイプあります。

アブレ-ティブフラクショナルレ-ザ-
CO2フラクショナルレーザーのような
皮膚表面にダメ-ジを作るタイプ
ノンアブレーティブフラクショナルレーザー
皮膚表面にはダメージを作らないタイプ

2つを比較すると、フラクセル3に採用されているノンアブレ-ティブフラクショナルの方が、治療後の赤み・ダウンタイムがより少なく、色素沈着などの副作用が生じにくいのが特徴です。色素沈着をきたしやすいアジア人の肌再生には、ノンアブレ-ティブのフラクセル3が適しています。

|肌の状態や悩みに合わせて
 自在な照射設定が可能

1550nmと1927nmの二つ(デュアル)の波長を搭載し、出力・カバー率を自在に組み合わせることで症例ごとに最適な照射設定が可能になり、より効果的な治療が実現しました。
毛穴・ニキビ跡・傷跡・妊娠線・肉割れなど、同じお悩みでもその方によって状態は異なりますが、フラクセル3では個々の状態に応じた治療設定が可能です。

|1927nmの早い色調改善効果

1927nmは主に水分に吸収されるため、表層に作用し施術効果を実感しやすいのが特徴です。
炭酸ガスレーザーによる、アブレージョンのような高いリサーフェシング効果を最小限のダウンタイムでご実感いただけます。(肌質によっては向かないこともあります)

|優れた均一性と安全性

独自のスキャンニングシステムで、ムラがなく再現性の高い照射・治療を実現しつつ、リスクも低減しました。

フラクセル3の
肌再生メカニズム

コンピューター制御でレーザーを細かく点状に照射(フラクショナル照射)し、皮膚にミクロ単位の微細なダメージを作ります。その一つ一つのダメージが、皮膚が持つ創傷治癒力によって再生することで皮膚が新しく生まれ変わります。1度の治療で約10~15%入れ替わるとされています。
照射部位の古い皮膚は排出され新しい皮膚に入れ替わることで、ニキビの赤みや色素沈着が薄くなり、傷跡が目立ちにくくなります。皮膚が再生する際に新しいコラーゲンが増えるため、ニキビ跡・肉割れ・妊娠線などの凹凸が改善されます。

フラクセルレーザーによる
肌再生イメージ

  1. 1. フラクセル照射前

    シミやくすみなどの肌トラブルが表皮で起こって入る状態。真皮層のコラーゲンが減少し、スカスカな状態です。

  2. 2. フラクセル照射スタート

    レーザーが当たっていない部分は、組織が生きたまま存在します。

  3. 3. 照射1時間後

    レーザー照射された部分のみ、表皮から真皮層の組織に熱ダメージが加えられています。水分を含まない角質層は、フラクセルの光を吸収しないためダメージは受けません。

  4. 4. 照射6~8時間後

    レーザーを照射されていない周囲の生きた細胞が、ダメージを受けた組織を包み込むように再表皮化が始まります。

  5. 5. 照射24時間後

    ダメージを受けた表皮の細胞は、再表皮化により上層へ押し上げられます。真皮層ではレーザーの熱によるたんぱく質変成が起こり、高密度のコラーゲンが産生されます。

  6. 6. 4日から14日後

    ダメージを受け壊死した組織が押し上げられ剥離し、新しく生まれた皮膚に張り替えられています。真皮ではコラ-ゲンの組織修復が進行していきます。

照射後の肌が
再生していく過程

治療直後から数時間は全体的に赤みを帯びます。その後、時間の経過とともに、目には見えない毛穴より小さな薄いカサブタができ、自然治癒力によって肌が再生し新しい皮膚が作られていきます。

清家院長がおすすめする理由

ダウンタイムなく、
肌再生が可能に

フラクセル3は、フラクショナル照射することを可能にした最初のレーザーで、この技術は大変画期的でした。フラクショナル照射の概念や技術がなかった時代の肌再生は、皮膚を炭酸ガスレーザーなどで「面」で削って再生させる方法が主流でした。ですが、その方法は痛みも強く、皮膚の上皮化が完了するまでに時間を要する上に、キレイに皮膚が再生しなかったり、色素沈着や感染を起したりするリスクが高く、炎症によって色素沈着をきたしやすい日本人をはじめアジア人にはあまり向かない治療でした。しかし「点」でのレーザー照射が可能になったフラクセルの登場によって、肌再生治療はダウンタイムとリスクが大幅に軽減され、ニキビ跡の凹凸や傷跡の治療も日常生活に差し支えることなく可能になり、治療成績も向上することとなりました。

清家院長がおすすめする理由

治療の流れ

  • 1.メイクオフ(顔治療の場合)

    診察前にメイクオフ(お化粧・日焼け止め)をお願いいたします。
    クレンジングをご用意しておりますので、
    ご希望の方はスタッフへお声掛けください。

    2.麻酔

    表面麻酔で治療部位の痛みを和らげます。
    (別途費用要)

    3.治療開始

    治療部位の状態や目的に応じて照射します。

    4.クーリング

    照射完了後はクーリングを行います。
    成長因子配合のベネブパックを同時に行うとレーザー照射後の赤みや肌の回復が早まります。(別途費用要)

    5.チェック&終了

    お肌に強い赤みや痛みなど問題がなければ、
    抗炎症剤または保湿剤を塗布して終了です。
    治療直後からUVケア・お化粧が可能です。

治療のポイント

所要時間【照射時間】約5~10分 
【麻酔時間】約30分 
【クーリング】約10~30分
※治療範囲によります
治療間隔原則 1か月ごと
医師の指示に従って通院してください。
痛み表面麻酔の利用をお薦めします。(別途費用要)
お化粧当日よりメイク可能です。
副作用・リスク赤み、腫れ、熱感、火傷、色素沈着、ごくまれに水疱
治療を受けられない場合治療部位に強い感染や炎症がある場合
注意事項以下に当てはまる方は、
事前にご申告ください。
・過去に既往歴がある
・現在治療中の疾患がある

治療費

フラクセル3

メニュー 1回料金 コース
面積 / 1cm×1cm 11,000円

---

22,000円
鼻+鼻周囲 33,000円
口周囲 33,000円
両頬 44,000円
両頬+鼻 66,000円
顔全体 88,000円
44,000円
デコルテ 66,000円
背中 110,000円
背中1/2 55,000円
両脇 55,000円
片腕 / 手の甲・指 22,000円
片腕 / ひじ下 44,000円
片腕 / ひじ上 44,000円
片腕 / 腕全体 88,000円
片脚 / ひざ下 66,000円
片脚 / 太もも内側 66,000円
片脚 / 太もも外側 66,000円
片脚 / 足全体 198,000円
下腹部 66,000円
ヒップ 66,000円

監修医師

Junko Seike
清家 純子 院長

経歴
1993年
関西医科大学医学部卒業、
同年 京都大学医学部付属病院形成外科教室入局
2001年
シロノクリニック入職
シロノクリニック大阪院 院長に就任し、21年半、院長を務める
2023年1月
シロノJクリニック開設
所属学会・資格
  • 日本レーザー医学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本美容皮膚科学会
  • ほか
その他
  • サーマクール認定医
  • ウルセラ認定医
  • ドクターシーラボ開発顧問&認定医師
  • ガルデルマ認定レスチレン(ヒアルロン酸注入剤)トレーニングドクター
  • ほか
LINE予約
Web予約
電話予約