logo

ハイフLTV

痛くないウルセラ
医療ハイフリフティング

ハイフLTVは、独自のTDTテクノロジー理論に基づき開発された、ペン型ムービング式の新型ハイフ(HIFU・高密度型焦点式超音波)で、非侵襲的にフェイスリフティング&タイトニングが行える治療機器です。深達度の違う「4種のハイフアプリケーター」を装備しているため、肌の土台となるSMAS筋膜から脂肪組織・真皮・表皮までマルチレイヤーにハイフ熱エネルギーの照射が可能です。
また、アプリケーターが極限まで小型化されムービング方式を採用したことで目のきわ・ほうれい線・小鼻周り・フェイスラインのカーブなど、従来のハイフ機器では難しい部位に1分間600ショットの高速ハイフシャワーを的確に届けることができ、確実な効果と早期の実感を実現します。

こんな方に、こんな時に

  • 目じりのシワが目立ってきた
  • 目元のたるみが気になる
  • 首のシワが気になる
  • 肌がたるんでハリがない
  • 二重あごが気になる
カウンセリングのご予約はこちら

ハイフLTVの特徴

アプリケーター

ハイフLTVは、ペン型の専用アプリケーターを使用することで、湾曲した部位にも常に最適な熱エネルギーを加えます。
さらに動かすスピードにより痛みのコントロールもできるので、ライン式照射よりフレキシブルな施術が可能になり引き締めたい部位を選択的にケアすることができます。

TDTテクノロジー(Therminal Diffusion Treatment)

皮下のターゲットとする深さに対し集束した超音波を高速照射することで、表皮にダメージを与えずに強い熱エネルギーを与え、皮下の組織を熱凝固させることで皮膚を内側から引き締めます。照射部位によりターゲットとする深さを変更できるため、年齢と共にゆるみが生じるSMAS筋膜まで熱エネルギーを加えることが可能です。エイジングケアのみならず、たるみやしわの予防をされたい方にもお勧めの治療法です。

医療用ハイフ
「ハイフシャワー」
について

ハイフ/HIFUとは、高密度焦点式超音波(High-intensity focused ultrasound)の略語で、超音波を高密度に集中し発生させた熱エネルギーによって深部組織にダメージを与える治療機器のことです。美容医療においては、主に老化した組織の再構築を図る目的で使われることが多く、その代表が当院でも大人気のたるみ治療、ハイフで最高峰機種と称される治療機器「ウルセラ」です。

ウルセラのたるみに対する改善効果は世界的にも高く評価され、これに追従するようにハイフを利用した類似機種がたくさん登場しました。これまで多くのハイフ、は筋膜や脂肪層など皮下の深部組織をターゲットとしていましたが、一部のハイフメーカーにより表皮や真皮などの比較的浅い層をターゲットとしたハイフが作られるようになりました。その後、比較的浅い層にハイフをまるでシャワーを浴びるかのように高速照射していくテクニックのことを「ハイフシャワー」と呼ぶようになりました。

「ハイフシャワー」は、従来のハイフのようなたるみの引き締めやリフトアップのみならず、皮膚表面のダメージ・小じわ・毛穴ケアなどの肌老化をトータル的に改善していくことができます。また、表皮や真皮などの比較的浅い層は、深部組織の変化より比較的早い段階で効果が見られることが多いため、治療直後の満足度が高い点もハイフシャワーの特徴です。

医療用ハイフの
メカニズム

  1. 1. 皮膚のたるみ

    年を重ねるにつれ、顔の皮膚を支える真皮層・SMAS筋膜がゆるみ、皮膚がたるんだ状態になりハリがなくなります。

  2. 2. ハイフLTVを照射

    真皮上層・皮下組織・SMAS筋膜に対してハイフ(HIFU)を高速照射することで、たるんだ肌の層にダイレクトに熱を与えます。

  3. 3. ハイフLTV治療後の反応

    ハイフ(HIFU)の焦点が最大65℃まで達することで、皮膚の内側に凝固が発生し肌の組織を引き締めます。

  4. 4. フェイスリフティング

    皮膚の土台となる層が引き締まることで、たるみが目立たなくなり肌のハリ感を改善します。
    施術後、約6〜8週間かけて持続的にハリ感が出てくるため、フェイスラインリフティング効果が見られます。個人差や回数にもよりますが、約3〜6か月程度かけてゆっくりと効果が薄れていくため継続した治療が必要です。

ハイフLTVが選ばれる理由

痛みが少ない

ムービング方式で動かしながら超音波を照射し、狙った部分だけにピンポイントで熱を加えることで痛みが少ない施術が可能です。

目元周囲も治療可能

狭い範囲を治療できるため、化粧ではカバーしづらく年齢とともに目立ってくる目元のしわ・たるみにも効果を発揮します。

気軽に受けられる

たるみ引き上げ治療最高峰の「ウルセラ」と比べるとマイルドな治療のため、痛みが心配な方にも気軽に受けていただけます。

清家院長がおすすめする理由

痛くないウルセラ 
マイルドな作用で効果を発揮

ハイフLTV(リフテラ)は、痛くないウルセラとも呼び、当院でも採用している医療用ハイフの最高峰機種ウルセラ(Ulthera)のマイルドバージョンという位置づけになります。そのため痛みが強くなく麻酔も必要がないため、たるみが気になりウルセラを受けたいけれど痛みが心配という方におすすめです。一方、マイルドと聞くと、その分効果が落ちるのではという懸念が生じますが、経験上、意外とそうでもなくハイフLTVはアプリケーターをペン型に小型化したことで、気になる部位のキワや隅々まで細やかに照射できるので、痛みはマイルドなわりに効果を実感して頂けることが多いです。初期のたるみ・たるみの予防・痛みのある治療が苦手な方におすすめです。またウルセラやサーマクールとの組合せで、さらにリフトアップ・引き締め効果アップが期待できることがあります。

清家院長がおすすめする理由

症例写真

Before
After
施術名
ハイフLTV
施術の副作用(リスク)
腫れ、神経痛、発赤、筋肉痛、熱傷
施術の価格
顔全体(アゴ含む)1回 66,000円(税込)

Before
After
施術名
ハイフLTV
施術の説明
目の下のたるみタイプのクマに対しハイフを照射
施術の副作用(リスク)
腫れ、痛み、熱傷
施術の価格
目元集中 1回 66,000円(税込)

治療の流れ

  • 1.メイクオフ(顔治療の場合)

    診察前にメイクオフ(お化粧・日焼け止め)をお願いいたします。
    クレンジングをご用意しておりますので、
    ご希望の方はスタッフへお声掛けください。

    2.ジェルを塗布

    ハイフを均一にスムーズに照射するため、
    専用ジェルを治療部位に塗布します。

    3.施術開始

    目のキワ・フェイスラインなど細やかに、治療部位の隅々まで丁寧に照射していきます。

    4.チェック&終了

    お肌に強い赤みや痛みなど問題がなければ、
    抗炎症剤を塗布して終了です。
    治療後からUVケア・お化粧が可能です。

治療のポイント

所要時間【照射時間】約15〜20分 
※治療範囲によります
治療間隔原則 1か月ごと 
※継続治療を推奨
痛み照射部位に鈍痛・熱さを感じる場合があります。
※個人差あり
照射後1〜2週間ほど照射部位に筋肉痛のような違和感を感じる場合があります。
お化粧当日よりメイク可能です。
副作用・リスク赤み、むくみ、ほてり、ヒリヒリ感、腫れ、違和感、ごくまれに火傷・色素沈着
治療を受けられない場合・強い日焼けをした直後の場合
・金の糸による引き上げをされている方
・ペースメーカーを装着中の方
・妊娠中、授乳中の方
注意事項1日~数日間フェイスラインに筋肉痛のような痛みが残る場合があります。
当日のみシャワー浴とし、入浴やサウナは控えてください。

治療費

ハイフLTV

メニュー 1回料金 コース
顔全体 66,000円
顔全体(目元しっかり) 88,000円
顔全体+目元+首 132,000円
目元集中ケア 66,000円
頬+フェイスライン集中ケア 66,000円
首ケア 55,000円

※初回限定お試し割引
 ハイフLTV各メニュー【10,000円OFF】

監修医師

Junko Seike
清家 純子 院長

経歴
1993年
関西医科大学医学部卒業、
同年 京都大学医学部付属病院形成外科教室入局
2001年
シロノクリニック入職
シロノクリニック大阪院 院長に就任し、21年半、院長を務める
2023年1月
シロノJクリニック開設
所属学会・資格
  • 日本レーザー医学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本美容皮膚科学会
  • ほか
その他
  • サーマクール認定医
  • ウルセラ認定医
  • ドクターシーラボ開発顧問&認定医師
  • ガルデルマ認定レスチレン(ヒアルロン酸注入剤)トレーニングドクター
  • ほか
LINE予約
Web予約
電話予約