美容コラム

2017年4月18日
眉間や眉上のニキビは何故できる?正しいケア方法とは?

「洗顔やスキンケアをきちんと行っているのに、眉間や眉上にニキビができてしまう…」このようなお悩みをもつ女性も多いはず。

眉間や眉上のニキビは人からの目につきやすいため、きちんと予防&解消法を学ぶことが大切です。
今回は、一体なぜ眉周辺にニキビができてしまうのか、その原因や正しいケア方法についてご紹介いたします。
眉のセルフ処理がニキビを招く!?
眉の形を整えるためにも、毛抜きで毛を抜いたりカミソリで剃ったりするのは、当然のケアとも言えますよね。しかし、この眉のセルフ処理こそが眉間や眉上のニキビを招く原因となることがあります。
眉毛を抜いたり剃ったりすると、毛穴や皮膚にダメージが加わって肌のバリア機能が低下します。すると雑菌による影響を防ぐ力が弱まってニキビを引き起こしてしまうのです。そのため眉毛のケアを行うときには、肌へのダメージを最小限にとどめることが大切です。
肌に大きなダメージを与える毛抜きなどは極力避けて電気シェーバーを使ったり処理後の保湿ケアを徹底するように心掛けましょう。

洗顔料などのすすぎ残しもニキビの原因になる!?
眉周辺は凹凸があったり毛が密集しているため、洗顔料などのすすぎ残しが多い部分です。十分に洗顔料の泡がすすげていないとニキビの原因となってしまうため、肌を労わりながらもしっかりとした洗顔を心がけましょう。
また、顔をすすぐときに使用する水は、人肌程度のぬるま湯に設定し、ゴシゴシと摩擦を与えないように気づけることもニキビ予防のポイントです。手が顔に触れないようにぬるま湯を押し付けるイメージですすぐと良いでしょう。
洗顔後やお風呂上りは眉周辺もしっかり保湿して
眉上や眉間は皮脂分泌の多いTゾーンにあてはまるため、保湿ケアは控えているという方もいるかもしれませんが、保湿不足になるとかえって皮脂の過剰分泌を招いてしまうことがあります。
また、額や頬などの広いパーツに比べて、眉周辺は日頃のケアがおろそかになりがちだという一面も。他のパーツと同じように化粧水や乳液などを使用してしっかりと保湿を行うようにしてください。
眉は顔の印象を大きく左右する重要なパーツです。眉の整え方法から洗顔・保湿と日頃のケアを見直してニキビを防いでいきましょう。