美容コラム

2017年2月26日
見た目年齢を上げる「目の下のたるみ」の原因と解消法は?

年齢を重ねると肌や顔の様々なお悩みが増えるもの。中でも目の下にできるたるみは女性にとって大きな問題となりますよね。目の下がたるむと老けて見えたりお疲れ気味に感じられてしまったりと、キレイな女性像とはかけ離れてしまいます。とはいえ、一度たるんだ目元は解消することができるのでしょうか。

今回は、多くの女性を悩ます目の下のたるみの原因や解消方法をご紹介します。
目の下のたるみの原因とは?
・肌のハリが失われてしまう
年を重ねるごとに肌の奥にあるコラーゲンやヒアルロン酸は減少していきます。これらは肌のハリを保つために欠かせない成分。これが減ることで肌の弾力やハリが失われ、結果的にたるみとなって現れてしまうのです。

・目元の筋肉の衰え
目元の皮膚や脂肪を支える眼輪筋が衰えると、その支える力が弱まって脂肪が飛び出し、たるみになってしまいます。眼輪筋は、加齢や摩擦などの刺激、紫外線によって次第に衰えていくもの。これを鍛えるためには、日々のスキンケアやエクササイズが効果的です。
・むくみ
水分を摂り過ぎたり、寝過ぎた翌日に起きると目がパンパンにむくんでいるということはよくありますよね。このむくみも実は目の下のたるみを引き起こす原因のひとつです。ほとんどの場合、時間が経ったり軽いマッサージをすればむくみは解消されますが、何せずに放置すると少しずつ老廃物が蓄積していってたるみに繫がってしまいます。

目の下のたるみを解消する方法とは?
・目元には特別な保湿ケアを
皮膚が薄い目元は摩擦や紫外線などのダメージを受けやすい部分です。乾燥も気になるので、通常の保湿ケアに加えてアイクリームなどを使用する特別ケアを行っていきましょう。アイクリームを塗る時にはこすったり叩き込んだりせずに優しく滑らせるように塗るのがポイントです。

・眼輪筋エクササイズで鍛える
衰え気味の眼輪筋を鍛えるエクササイズをとり入れるのも一つの方法です。まずはしっかりと目をつむって5秒キープします。その後目をパッと見開いて5秒キープします。この2つを1セットとして10回程度続けましょう。
・目元のむくみはその日に解消を
放っておけば治ると放置せずに、まぶたのむくみはその日のうちに解消することが大切です。むくみ解消にオススメなのは電子レンジで蒸しタオルを作り目の上にのせ1~2分待ち、その後冷水で顔を流すというもの。これを2~3回行うとスッキリとした目元がゲットできます。
クマやシミなどとは違い、メイクをしても隠すことができない目の下のたるみ。
たるみが大きくなる前にいち早くケアを行うことが大切です。今回ご紹介した解消法を日々のケアとして取り入れて、自信溢れる目元をキープしましょう!