美容コラム

2016年11月10日
あなたの太ももは何太り?スリムを目指す原因別対処法

意外と多くの女性が悩んでいる太もものサイズ。太りやすく痩せにくい厄介な部位として認識されています。しかし、実は「なぜ太くなってしまったのか」という原因を見極めたり、正しいケア方法をとり入れることで、スリムな太ももを目指すことができます。

そこで今回は、太ももが痩せにくい理由や太ももをスリムにしてスッキリキレイに見せるための秘訣ついてご紹介していきます。

太ももが痩せにくいのはなぜ?
私たちの体には脂肪を蓄え、脂肪の放出をコントロールするレセプター(受容体)というものがありますが、女性の場合このレセプターが下半身に集中しています。その割合は、上半身1:下半身6というほど。
そのため太ももをはじめとする下半身は、上半身と比べて6倍も脂肪を溜め込んで太りやすく、6番の1程度しか脂肪を減らすことができません。「ダイエットを頑張っているのに太ももが痩せない」という多くの女性の悩みはこれが原因なのです。

原因別の太ももをスリムにする方法
上半身・下半身ともに脂肪がついているという方の場合は、食事制限などのカロリーカットで太もももある程度痩せてはいきますが、下半身に集中して脂肪がついている「下半身デブ」の場合は、食事制限だけではNG。太ももを細くするためには、太くなっている原因別に対処するのがポイント。
女性の太ももが太くなる理由は、主に以下の3つです。
1.むくんでいる
2.セルライトが多い
3.姿勢が悪い
それぞれの原因に応じた太もも痩せのコツをご紹介しますので、チャレンジしてみてください。

原因別!太もも痩せの方法
①むくんでいる場合
・膝から太ももにかけてマッサージを習慣にする
・弾性ストッキングをはく
・カリウムの多い食べ物を摂取して、身体の水分を排出する
②セルライトが多い場合
・四つん這いになり、左右の足を交替で上げる筋肉トレーニングをする
・GI値の低い食事と適度な運動で体脂肪率を落とす
③姿勢が悪い
・整体通って骨盤のゆがみを矯正する
・骨盤矯正ベルトを使う
・エクササイズなどで骨盤のゆがみを整える
・ヨガやピラティスなどで脊柱起立筋を鍛える
このような原因毎の対策とともに大切なのが、身体を作る資本となる食事の摂り方の改善です。次のよく食生活のポイントを守って、効果的に無理のない太ももを目指しましょう。
・脂肪を溜め込む原因となる「炭水化物」「脂質」「糖分」の多い食べ物は控え目にする
・筋肉を作る良質なたんぱく質である、赤身の肉・魚・大豆食品を積極的に摂る
・身体をむくませる塩分は控える
・身体を温める効果のある、生姜・根菜類は積極的に摂る
・血行を促進するビタミンE・ビタミンC・ビタミンB群・鉄分・葉酸を含んだ食材を積極的に摂る
ほっそりとした太ももは誰もが憧れるもの。原因別のケアを行って、スッキリ脚を手に入れましょう。