美容コラム

2016年4月30日
実は汗が一番臭う季節?! 春だからこそ必要な体臭対策

体臭が強くなる季節は、たくさん汗をかく夏だと思っていませんか?

しかし意外にも「春」のほうが体臭は強くなり、注意が必要な季節だといわれています。その詳しい理由と、春から始めたい体臭の対策方法をご紹介します。
春に体臭が強くなる理由とは
≪冬の間に汗腺が弱っているため≫
冬は汗をかく機会が少なく、汗を出す汗腺が衰えています。そのまま春を迎えるとさらっとした汗が排出できず、臭いの強い汗を出すようになってしまうのです。気温が温かくなっていくにつれて、汗腺機能は元に戻りますが、初春は注意が必要になります。
≪春の緊張感が体臭をきつくする≫
春は生活習慣の変化によって、様々緊張感をともなう時期です。その緊張がストレスになると、汗の成分に変化をもたらします。汗にアポクリン腺から出る脂が混ざり合い、強い臭いを発してしまうのです。
春から始めるべき体臭対策とは
≪1.生活習慣の改善≫
緊張感による体臭を抑えるためには、できるだけストレスを抱え込まないことが大切です。しかし新生活を始めるときは、誰しも多少はストレスを抱えてしまうもの。そんな精神的なストレスを軽減するために、生活環境の見直しを行いましょう。ストレスを減らすためには、適度な運動と規則正しい生活、睡眠時間の確保が必要になります。無理をしては意味がありませんが、できるだけ前向きになれるように健康的な生活を心がけましょう。
≪2.食生活の改善≫
体臭は食べ物によっても左右されます。動物性脂質や甘いものは、皮脂量を増やして体臭を強くするので、食べ過ぎないようにしましょう。野菜と穀類・魚介類を中心とした和食をメインにすると、体内から臭いを抑えることができます。なお、アルコールやタバコも体臭の原因となるので、控えることをオススメします。
≪3.入浴で体臭対策≫
体臭が気になる方に適した入浴法は、半身浴です。半身浴は、血行を促進して汗を排出させるため、冬の間に衰えた汗腺を鍛えることができるのです。また入浴時には、臭いの発生個所となる脇や耳の裏までしっかり洗いましょう。ただしゴシゴシと洗いすぎると皮膚常在菌のバランスを崩し、かえって体臭を強くすることがあります。デオドラント効果のある石鹸やソープをしっかりと泡立てて、優しく丁寧に洗いましょう。
≪4.正しい洗濯で体臭対策≫
体臭は衣類に移ってしまうもの。そしてそのまま放置していると菌が繁殖し、臭いが取れなくなってしまいます。着た後の衣類はすぐに洗濯し、完全に乾かしてから着用しましょう。
「まだ大丈夫」と油断せず、春から体臭対策を行うと安心です。