美容コラム

2016年3月11日
オフィスの休憩室でもOK! 簡単で効果的な「体幹エクササイズ」

「運動不足で身体がだるい」「お腹周りや太もも周りが気になる…」こんな悩みを抱えている女性は少なくありません。

しかし毎日のジョギングや運動・食事制限を継続して行うのはなかなかむつかしいでしょう。
そんなあなたにオススメしたいのが、「体幹エクササイズ」です。場所も時間もお金も必要なく、座ったまま簡単に高い効果を得られる2種類の体幹エクササイズ方法を紹介していきます。
「腹筋」を効果的に刺激するエクササイズ方法と効果
体幹の要ともいえる「腹筋」を鍛えるエクササイズ。動作は簡単ですが、腹筋全体の筋肉を使い内側からしっかり腹部を引き締めることができます。
■エクササイズ
1.椅子に座り、座面の端を両手でしっかり握る。
2.背筋を伸ばして腹筋と腕に力を入れ、お尻を座面から浮かし3秒キープ。
3.1~2を連続して5~10回行う(1セット)
腕の力で身体を持ち上げるのではなく、お腹に力を入れ腹筋を意識して行うのがポイント。上体を少し前に傾けて、重心のバランスをとりましょう。無理をしてお尻を高く上げる必要はないので、初めのうちは1セットを目標に、慣れてきたら2セットを目指していきましょう。
「腹筋」と「太もも」を鍛えるエクササイズ方法と効果
「腹筋」と「太もも」を効率よく鍛えることができる体幹エクササイズです。
派手な動きはないですが、しっかり行うことで腹筋・太ももを引き締まらせることができます。特に下腹部の効締め効果が高いため、下っ腹の脂肪が気になる方にもオススメです。腰が痛い人は、無理せず片脚ずつ行って腰への負担を軽減しましょう。
■エクササイズ方法
1.椅子に座り背筋を伸ばす。座面の端を両手でしっかりと握り、両膝を揃え、胸に近づけスタートポジションをとる。
2.両手で体全体のバランスをとりながら、ゆっくり膝を伸ばしていく。椅子と平行になるくらい伸ばせれば理想的です。
3.ゆっくり膝を曲げる、膝を伸ばす動きを連続して10回程度行う。
動作中は脚が床につかないように気をつけることが大切なポイントです。脚を曲げ伸ばしする際も背筋を曲げないように気をつけ、正しい姿勢で行いましょう。もしつらい場合は、無理せず背もたれに寄りかかりながら行っても大丈夫です。
1日1~2セットを目標に実践していきましょう。
オフィスの休憩室などでも気軽に行えるエsクササイズなので、ぜひ今日から始めてみてはいかがでしょうか。エクササイズで体幹を鍛え自信がついたらもう一段階上のレベルのエクササイズに挑戦してみてください。
なるべく継続して行って、理想の美ボディと健康を手に入れましょう。