美容コラム

2020年1月24日
目立つ「あごの毛穴」は改善できる?スベスベあごに導く3つのケア

「あごの毛穴が目立って恥ずかしい…」と悩む女性は少なくありません。あごがブツブツしていると誰かと接近したときも「見られていないかな?」と気になってしまいますよね。今回はそんなあごの毛穴が目立つ原因を目立たなくするケア方法とあわせてご紹介します。

余分な皮脂・残ったメイクがあごの毛穴を目立たせる原因に

あごを触ってみてザラザラするなら、毛穴に角栓が詰まっているサインです。角栓の正体は。皮脂と古い角質がくっついて固まったもの。もともとあごは皮脂分泌が活発で、洗顔で正しく洗い流せていないと古い角質と混じり合って毛穴に残ってしまいます。
また、メイクをする女性は、あごのクレンジングにも気をつけたいもの。あごは見落としがちなうえに凸凹しているため、メイクが残りやすいパーツです。メイクに含まれる油分などが残っていると角質と混じり合い、ザラツキが生じてしまいます。

あごの毛穴を目立たなくするケア方法

■まずは角質ケアでザラツキ解消
あごがザラザラしているときは、まず古い角質を取り除くケアを行いましょう。「エンリッチリフトゴールドピール」や「VC100ピーリングソープ」などを用いたピーリングを行うか、「ラボラボ スーパーKeana ローション」でやさしく拭きとることをオススメします。角質ケアは顔全体に行う必要はなく、ザラつきが気になる部分だけでOKですよ。

■毎日の洗顔方法を見直す
古い角質を溜めないためには、毎日の洗顔方法を見直すことも大切です。洗顔料の泡をあごまできちんと伸ばして、余分な皮脂を落しましょう。毛穴の詰まりが気になる時は、蒸しタオルで温めてから洗顔をすると効果的です。
メイクを落とす際も同様にあごまでクレンジング剤をなじませることがポイントです。ゴシゴシとこするとかえって角質が厚くなるので、あくまでも優しく丁寧に落としてください。

■あごまできちんと保湿する
肌が乾燥すると角質が硬くなり、ターンオーバーが乱れる原因になります。このことも角栓ができる原因になりますから、毎日きちんと保湿しましょう。特に角質ケア後は、一時的にバリア機能が低下して乾燥しやすいため、いつも以上に入念な保湿が必要です。あごニキビができやすい場合は、「薬用アクネレスゲルEX」での保湿をオススメします。

 

あごの毛穴が引き締まって肌のキメが細かくなると、自分で触っても気持ちが良く、人とのスキンシップにも自信が持てるようになります。ザラツキを解消する角質ケアから取り入れ、むき卵のような理想的なあごを手に入れてみてはいかがでしょうか。