美容コラム

2019年11月22日
くすみやシミも!?乾燥シーズンに起こりやすい肌トラブル5つ

空気が乾燥する季節は、様々な肌のトラブルが起こりやすくなります。油断していると、症状が悪化してかゆみなどの不快感を招いてしまうことも。乾燥シーズンにはどのようなトラブルが生じやすいのか、原因やメカニズムなどと一緒に見ていきましょう。

乾燥シーズンに起こりやすい肌トラブルとは

■乾燥性皮膚炎
乾燥性皮膚炎は、皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん)とも呼ばれていて、皮膚の乾燥が進むことで生じる皮膚疾患です。角質の水分量が低下するとバリア機能が正常に働かなくなり、ひび割れ・皮むけ・湿疹・かゆみ・赤みなどを生じます。一時的に敏感肌になるため「いつも使っている化粧水がしみる」「肌がヒリヒリしてメイクができない」といった悩みをともなうこともあります。

■ニキビ
ニキビと乾燥、一見何の関係性もないように思えますが、実は深いつながりがあります。皮膚が乾燥するとターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積し、毛穴が詰まりやすくなるのです。乾燥が原因のニキビは「大人ニキビ」とも呼ばれていて、頬や口元、あご周りにできやすいのが特徴です。

■小じわ
「乾燥シーズンになると、目元や口元のシワが増える」と感じている方は多いもの。水分量が低下すると角質がひび割れたように収縮し、細かいシワができてしまいます。乾燥が原因のシワは皮膚の浅い部分にできやすく、「ちりめんジワ」「表皮ジワ」とも呼ばれています。放置しているとシワが定着して深いシワになってしまうこともあるので、油断は禁物です。

■くすみ
肌の乾燥が進むと、くすみも現れやすくなります。ターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積し、肌の透明感が失われてしまうのです。肌が冷えると角質がさらに溜まりやすくなりますから、気になる時は蒸しタオルを当ててから、洗顔するといいでしょう。肌のゴワつきがひどい場合は、古い角質を取り除くケアを取り入れると効果的です。

■シミ
シミは夏にできやすもの、というイメージがありますが、実は乾燥シーズンも注意が必要です。乾燥が進んで肌が刺激を受けやすい状態になると、わずかな紫外線や摩擦にも敏感に反応し、メラミンが増えてしまうのです。また、夏の紫外線によって生じたメラニンが、乾燥の影響でシミになってしまうこともあります。秋や冬は、シミ対策+十分な保湿ケアを心がけることが大切です。

肌トラブルを防ぐには、事前の乾燥対策が大切

乾燥が進む原因は、加齢・過度の洗浄、空気の乾燥などです。適切なスキンケアや部屋の加湿など、入念な対策でトラブルのないキレイな肌を保っていきたいですね。