美容コラム

2019年11月19日
生理前は肌がテカる…女性特有の原因と対策方法とは?

「生理前になると、皮脂の分泌量が増えて肌がテカってしまう」と悩む女性は少なくありません。実はこのテカリには、女性特有のホルモンバランスが大きく関係しています。生理前に肌がテカる原因を、トラブルを防ぐ対策方法と一緒に知っておきましょう。

生理前に肌がテカる原因とは

生理前の皮脂トラブルには、女性ホルモンが関係しています。生理前にはプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増えますが、実はこのホルモンには皮脂の分泌を促す働きがあるのです。よってセリ前は、肌のテカリ、ベタつき、ニキビを生じやすくなります。

さらにもう1つの女性ホルモン、エストロゲン(卵胞ホルモン)も、女性の肌に大きな影響を与えます。エストロゲンには潤いを与える働きがあるのですが、生理前になると分泌量が減り、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。

つまり生理前は水分量が少なく、油分量が多い肌になるということ。「生理前だけニキビができてしまう」「生理前はインナードライ肌になる」といった悩みには、生理周期によるホルモンバランスが大きく関係しているといえるでしょう。

生理前の肌のテカリを防ぐには

■洗顔で余分な皮脂を落す
生理前の過剰な皮脂を落すためには、やはり洗顔が必要です。ぬるま湯だけでは皮脂を落せないので、テカりやベタつきが気になるときは洗顔料を使いましょう。
ただし、生理前の肌はバリア機能が低下していて、とても敏感です。決してこすらず、洗顔料の泡をクッションにしながら優しく洗ってください。

■保水ケアを重視して
皮脂が多い部分にクリームやオイルを使うと過剰な油分でトラブルが悪化する恐れがあります。たとえいつも使っているアイテムでも、テカリが気になる時は使用を控えましょう。
代わりに化粧水をしっかり与える保水ケアがオススメです。化粧水をコットンもしくは手のひらで丁寧に浸透させて、肌の水分量を高めましょう。乾燥が気になる場合は、ノンオイルのゲル、もしくはいつも使っているアイテムを薄く重ねて様子をみてくださいね。

■ビタミンB2・B6・Cを補給する
ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCには皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。それぞれ以下のような食品に多く含まれていますから、バランスよく食事に取り入れることをオススメします。

・ビタミンB2…レバー・卵・納豆など
・ビタミンB6…かつお・まぐろ・バナナなど
・ビタミンC…ピーマン・ブロッコリー・柑橘類など

生理前はホルモンバランスの影響で、誰でも肌がテカリやすくなります。生理が終われば元に戻りますから、あまり悩み過ぎずにスキンケアで乗りこえていきましょう。