美容コラム

2019年9月24日
ニキビの炎症が起きやすい人の特徴&対策方法

白ニキビはニキビの初期段階で、炎症が起きていない状態です。この状態のまま快方に向かえば、ニキビ跡になることはありません。しかし白ニキビが炎症を起こし、赤ニキビにまで悪化すると、目立つうえにニキビ跡の原因になってしまいます。ニキビに悩む方の中には、「必ずといっていいほど赤ニキビができてしまう」という方も多いもの。そこで今回は、ニキビの炎症が起きやすい人の特徴を対策方法とあわせてご紹介します。

ニキビの炎症が起きやすい人の特徴

■皮脂の分泌が活発
ニキビの炎症は、皮脂をエサとするアクネ菌によって引き起こされます。よって皮脂の分泌が活発な人ほど、赤ニキビができやすいといえます。

■ストレスを溜め込んでいる
実はニキビの炎症には、ストレスも関係しています。過剰なストレスは男性ホルモンを活発化させるため、皮脂の分泌を促してしまうのです。また、男性ホルモンが優位になると皮膚が硬くなり、毛穴が詰まりやすくなります。このこともニキビの炎症を誘発する原因になると考えられます。

■十分な睡眠をとっていない
睡眠不足もストレスと同じように、ホルモンバランスの乱れを招く原因にもなります。男性ホルモンが優位になるだけでなく、肌の修復を促す成長ホルモンも減少するため、ニキビの炎症が悪化しやすくなってしまいます。

ニキビの炎症を防ぐ対策方法

■洗顔で皮脂を適度に落とす
皮脂はアクネ菌のエサになりますから、洗顔である程度落とす必要があります。但し、皮脂を根こそぎ洗い流すと皮膚が乾燥して硬くなり、かえって毛穴が詰まりやすくなってしまいます。肌が乾燥すれば、水分の蒸発を防ぐために皮脂がより多く分泌されることも少なくありません。
肌がつっぱるほどの洗顔は避けて、適度なうるおいを残す洗顔を心がけましょう。洗顔料の泡で、肌を包み込むように優しく洗うことがポイントです。

■抗炎症作用のあるスキンケアアイテムを使う
ニキビの炎症の予防には、抗炎症作用のあるスキンケアアイテムがオススメです。抗炎症成分グリチルリチン酸2Kが配合された「薬用アクネローションEX」や「薬用アクネレスゲルEX」などを使うと、健やかな肌を保ちやすくなりますよね。肌をこすると炎症が悪化しやすいので、優しく丁寧に馴染ませてください。

■ストレス・睡眠不足・偏った食生活を避ける
ニキビの炎症には、生活習慣の乱れも関わっています。ストレスや睡眠不足は避けて、心身をしっかり休ませるようにしましょう。食生活の乱れもニキビに直結しますから、脂質や糖質は控え目ににして、タンパク質や野菜を意識して摂ることをオススメします。

ニキビの炎症は、過度のメイクや寝具の汚れによっても起こりやすくなります。炎症の起きにくい健やかな肌を手に入れるため、刺激を与えないスキンケアや生活を心がけていきたいですね。