美容コラム

2019年7月26日
夏は毛穴トラブルが多くなる…原因と対策をチェックしよう!

夏は様々な肌トラブルが多発する季節ですが、中でも悩みの種になりやすいのが毛穴トラブルです。毛穴の症状は目立ちやすく、「人目について恥ずかしい」「メイクしてもカバーできない」と困っている方も多いもの。そこで今回は、夏に起きやすい毛穴トラブルを原因や対策方法とあわせてご紹介します。

夏に多い毛穴トラブル①毛穴の開き

夏は皮脂の分泌が活発なため、毛穴の開きが目立つようになります。皮脂が多く分泌されるほど、毛穴が押し広げられ、開いてしまうのです。さらに夏の強い紫外線を浴びていると、光老化によって肌の弾力が失われ、楕円形に広がったたるみ毛穴を招いてしまいます。

■対策方法
毛穴の開きを防ぐためには、過剰な皮脂分泌を抑える必要があります。やさしく丁寧な洗顔を行うとともに、皮脂の分泌を抑制するビタミンC誘導体配合の保湿化粧品を使うといいでしょう。ビタミンCには毛穴を引き締める効果がありますから、たるみ毛穴の予防にも最適です。紫外線ダメージを受けないために、日焼け止めによるUVケアも忘れないでくださいね。

夏に多い毛穴トラブル②毛穴の詰まり

夏はブツブツとした毛穴詰まりも発生しやすい季節です。古い角質と過剰な皮脂が毛穴に詰まると角栓や黒ずみ、ニキビなどを招いてしまいます。

■対策方法
古い角質やメイク汚れが蓄積すると、毛穴が詰まりやすくなります。日頃の洗顔やクレンジングを丁寧に行い、余分なものを溜めないようにしましょう。古い角質が残りやすいなら1~2週間に一度、ピーリングや酵素洗顔などの角質ケアを行うと効果的です。皮膚の乾燥も毛穴が詰まる原因になるので、毎日しっかり保湿しましょう。

夏に多い毛穴トラブル③メラニン毛穴

毛穴の周辺が黒ずんでいる場合、メラニン毛穴が疑われます。紫外線や、摩擦によって炎症が起きると、メラニンが大量に生成されて、黒ずんでしまうのです。メラニン毛穴は毛穴周りがリング状に黒ずんでいて、触ってもあまりザラザラしないのが特徴です。

■対策方法
メラニン毛穴の主な原因は、紫外線や摩擦などの外的刺激です。日頃の紫外線対策を徹底するとともに、肌をこすらない優しいケアを心がけましょう。「フォトホワイトC薬用ホワイトニングローションEX」などのメラニンの生成を抑制するアイテムを使うと効果的です。

夏の毛穴トラブルには、過剰な皮脂、汚れの蓄積、保湿不足、紫外線など様々な原因が関係しています。適切な洗顔と保湿、そして紫外線対策を行って、トラブルのないキレイな毛穴を保ちたいですね。