美容コラム

2019年5月24日
シャープな顎が手に入る!今すぐ始めたい小顔エクササイズ3選

「最近、ファイスラインがぼやけて顔が大きくなっってきた…」と感じていませんか?その原因は、顎のたるみにあるのかもしれません。顎に脂肪や水分などの老廃物が溜まると、たるみが生じてフェイスラインがもたついてしまいます。
顎がたるむと老け顔や大顔の原因にもなってしまうもの。キュと引き締まったシャープな顎を取り戻すために、小顔効果のあるエクササイズを取り入れてみましょう。

シャープな顎を手に入れる3つのエクササイズ

■ツボ押しエクササイズ
顎の下のくぼみには、「上廉泉(じょうれんせん)」というツボがあります。このツボには唾液の分泌を促す作用がありますが、首まわりのたるみや二重あごを防ぎたいときにも効果的です。上廉泉を押しながらエクササイズを行うことで、より顎を引き締める効果が期待できます。

  1. 顎を正面に向けた状態で、姿勢をまっすぐ伸ばす
  2. 顎の真下の少し凹んだ部分に、両手の親指を当てる
  3. 親指を押し上げながら、顎を引くように下げて、上下から押し合う
  4. そのまま10秒キープ
    ※ますは1日1回行い、慣れてきたら回数を増やしましょう。
■首ひねりエクササイズ
首の両サイドには、耳の下から鎖骨の真ん中に向かってつながる斜角筋があります。ここを動かすエクササイズを行うと、たるんだフェイスラインが引き締まり、顎周りのたるみを解消できます。
普段あまり動かさない部分なので、慣れないうちは少しつらく感じるかもしれません。無理のない範囲で少しずつ実践してみましょう。

  1. 右肩を左手で固定しながら、顔を左側に向ける
    ※首の筋肉を伸ばすように意識しましょう。
  2. そのまま顎を上に突き出し、3秒キープ
  3. 5~10回繰り返したら、反対側も同様に行う。

 

シャープな顎で美人度アップ

顎がシャープになるとそれだけで顔全体が引き締まった印象になり、美人度もアップします。エクササイズを続ければ「やせた?」「キレイになった?」と周囲に驚かれるはずですので、是非取り入れてみてください。