美容コラム

2019年3月23日
突然「三重まぶた」になっちゃった!考えられる原因と解消方法

鏡で自分の目元を見て、「二重まぶたが三重まぶたになっている!」と驚いた経験はありませんか?まぶたが三重になるとシワが増えたようで、老けて見られる原因にもなってしまうもの。では、三重まぶたはどのような原因で生じるのか、今すぐできる解消法とあわせて探ってみましょう。

まぶたが三重になる原因
■目元の血行不良
疲れ目やストレス、睡眠不足などによって目元の血行不良が悪くなると、むくみが生じて三重まぶたになってしまうことがあります。前日に過度の飲酒をしたり、泣いたりした際も同じような症状を招くことがります。このような三重まぶたは一時的なものに思えますが、繰り返していると皮膚が伸びてクセになってしまうため、注意が必要です。
■まぶたのたるみ
上まぶたの皮膚の弾力が低下すると、たるみが生じて三重まぶたになってしまいます。この場合は、セルフケアで改善しにくく、頻繁に三重まぶたになる人、三重まぶたが続いている人にみられる傾向です。加齢による皮膚の衰えやコンタクトレンズやつけまつげの長期使用などによる外部刺激が、まぶたのたるみを引き起こします。
■眼瞼下垂
眼瞼下垂とは、まぶたの開け閉めに使用する眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉が衰えることで、上まぶたが黒目にかぶさってしまう症状のことです。この場合、人によっては上まぶたにシワが増え、二重が三重に見えることがあります。症状を改善するには、まぶたの皮膚を切除したりするなどの治療が必要になります。
三重まぶたを解消する方法
一時的な三重まぶたであれば、以下のような方法で解消できます。三重のまま放っておくとクセになりやすいので、早めの改善を心がけましょう。
■蒸しタオルで温めて血行を促す
蒸しタオルで目元を温めると血行が促されてむくみが改善されやすくなります。濡らして絞ったタオルを電子レンジで30秒~1分ほど温め、適温になったら目元に乗せて3分程度待ちましょう。時間に余裕があるときは、蒸しタオルと冷たいタオルを1分ずつ交互に乗せるとさらに効果がアップします。
保湿しながらマッサージをする
保湿クリームを塗りながら目元をマッサージすると、血行が改善される上に皮膚にハリを与えることができます。洗顔後、化粧水などで肌を整えた後、クリームを多めにつけて目頭から目尻に向かって指を滑らせましょう。強く擦ると皮膚を傷つけてしまうので、指先で優しく流すことがポイントです。
三重まぶたがセルフケアでなかなか解消できない場合は、たるみや眼瞼下垂が関係している可能性があります。三重まぶたの原因がわからない時、頑固な三重まぶたにお悩みの際は、美容皮膚科の医師にご相談ください。