美容コラム

2018年6月29日
多汗症の人は足が臭いがち?今日から始めたい汗とニオイの対策方法

通常より汗を多くかいてしまう多汗症だと、足から分泌される汗に悩まされることも多くなります。それにともなって足の臭いを強く感じてしまう方も少なくありません。多汗症の方の足が臭いやすくなる理由を対策方法とあわせてチェックしてみましょう。

多汗症の人の足が臭くなりやすい理由とは
足から分泌される汗は、実はあまり臭わないといわれています。アンモニアなどの老廃物がほとんど含まれていないため、サラサラとした臭いの少ない汗なのです。
しかし足は靴下や靴によって、1日中覆われています。分泌された汗で足が蒸れると角質などに雑菌が繁殖し、強い臭いを発してしまうのです。
多汗症の人にオススメ!足の臭い対策方法
靴下をこまめに履き替える
汗が染み込んだ靴下をそのまま履き続けていると、臭いが徐々に強くなっていきます。1日に2~3回ほどキレイな靴下に履き替えて臭いの軽減につなげましょう。履き替える際にウェットシートなどで足を拭いておくとさらに効果的です。
通気性のよい靴下や靴を履く
通気性の悪い靴下や靴は、蒸れによる雑菌の繁殖を招きます。足に汗をよくかくなら、吸収性に優れた綿や朝の靴下、空気が通りやすい靴を履くことをオススメします。ストッキングであれば、防臭・防菌加工されたものを使用しましょう。
足専用の制汗剤を使う
最近では足専用の制汗剤が数多く販売されています。スプレータイプやクリームタイプなど多種にわたるので、使いやすいものをとり入れてみましょう。中でも制汗作用に優れている塩化アルミニウム配合の商品がオススメです。
毎日同じ靴を履かない
足から出る汗の量は、1日あたり約200mlと言われています。1日は痛靴にはそれだけの汗が染み込んでいるので、そのまま同じ靴を履き続けていると臭いが強くなってしまいます。数足の靴を用意し、ローテーションさせて履くようにしましょう。
殺菌作用のある洗浄剤で足を洗う
足の臭いは雑菌の繁殖によってもたらされます。入浴中やお出かけ前などには殺菌作用のある洗浄剤で足を洗い、菌の抑制につなげましょう。爪の間の汚れも臭いの原因になるので、ブラシなどできちんと洗うことがポイントです。
多汗症の根本的改善には美容皮膚科での治療もオススメです。できる対策方法からとり入れて爽やかな足元をキープしましょう。