美容コラム

2018年6月28日
毛穴が広がってしまう原因は紫外線?毛穴と紫外線の意外な関係性

紫外線による肌ダメージというと、日焼けやシミを思い浮かべる人が多いと思います。しかし実は紫外線は毛穴にもダメージを及ぼします。紫外線を浴びると毛穴がクレーターのように深く開いてしまうことがあるのです。

均一で健やかな肌を保つためにも、紫外線と毛穴の意外な関係性についてチェックしておきましょう。
紫外線は日焼けやシミ以外の肌トラブルを引き起こす!?
肌は紫外線ダメージを受けるとメラニンを生成して日焼けやシミを作ってしまいます。しかし、紫外線の悪影響はそれだけではありません。紫外線の一種であるUVA(A波)は、肌の真皮層まで届く性質があります。すると肌の奥でハリや弾力をキープしているコラーゲンやエラスチンが破壊され、肌がたるみやすくなるなってしまいます。
さらに紫外線を浴び続けた肌の内側では活性酸素が発生し、肌はどんどん酸化してしまうもの。すると肌の機能を正常に保つ働きをしている線維芽細胞にダメージが及び、肌のターンオーバーのサイクルも乱れてしまうのです。
深刻な毛穴ダメージを引き起こすケースも
紫外線の影響で肌のターンオーバーがうまくいかなくなると、肌には角質が蓄積して固く分厚くなってしまいます。すると毛穴周辺が盛り上がってしまい、毛穴がクレーターのように広がってしまうのです。この状態が続くと毛穴の保水力も低下してしまい、肌は乾燥してゴワゴワになっていきます。
肌には乾燥を防ごうとする力があるため、紫外線を浴び過ぎると皮脂の分泌も自然と増えてしまうもの。過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまうと黒ずんで角栓になってしまうこともあります。
紫外線による毛穴ダメージへの対策方法
紫外線は深刻な毛穴トラブルを招いてしまうこともあるので、きちんと対策しておきたいですよね。日焼け止めクリームに加えて、日傘や帽子、ストールやグローブといった小物も取り入れて紫外線から身を守りましょう。
また、体の内側から肌の抵抗力を高めるケアをしておくことも大切です。規則正しい生活を心がけたり、野菜や魚を意識的に摂取して肌本来の力を高めたりするのがオススメです。
万が一、すでに紫外線ダメージによって毛穴が開き、角質が分厚くなってしまっている場合には、ピーリングと保湿に重点をおいたスキンケアを試してみましょう。紫外線による毛穴ダメージがひどい場合のは、エステなどでプロの手による肌ケアをしてもらうという方法もあります。
毛穴を引き締めるスキンケアを心がけていても、紫外線対策をおろそかにしてしまうと全て台無しになってしまいます。万全の紫外線対策を心がけ、ダメージから肌を守ってあげましょう。