美容コラム

2018年2月17日
デスクワーカー必見!仕事中にできる「足痩せ」のためのダイエット法

ダイエットに取り組みたいと思っていても、忙しく仕事をしているとエクササイズの時間がとれないこともありますよね。仕事を終えて帰宅した後は、疲れてしまってそれどころではないという女性も多いのが現実です。

しかし、仕事をしながら簡単にダイエットができる方法があるとすればどうでしょうか。デスクワークをしながらこっそりトレーニングをして、すらっと伸びた細い足を目指しましょう。

仕事の時間を有効活用!デスクワーク中の足痩せダイエットに挑戦しよう
仕事やプライベートの予定をこなすのに精一杯で、ダイエットのための時間がとれないという方にオススメなのが、仕事中にこっそり行う足痩せ方法です。座ったまま行えるので、周囲にばれることもありませんし、簡単なトレーニング内容なので気軽に行えるのも特徴です。また、トレーニング時間の調整もできるので、足痩せダイエット初心者にもオススメですよ。
限られた時間を有効活用して、すらっとした足を手に入れましょう。
仕事中ダイエットの基本!姿勢を正して代謝アップを目指そう
実は正しい姿勢をキープするためにはある程度の筋肉が必要になります。たとえばスポーツ選手は正しい姿勢をしていることが多いですが、筋肉がしっかりとついているからキレイな姿勢をキープすることができるのです。
天井から頭のてっぺんを1本の糸で吊るされているイメージで真っすぐに体を起こし、足も組まずにきちんと揃えましょう。
このように背筋を伸ばしてキープするだけで腹筋や背筋を鍛えることができ、ダイエットに欠かせない代謝アップが期待できます。もちろん足痩せにも期待できるので、仕事中は常に正しい姿勢をキープすることを意識しましょう。
ふくらはぎに効果のあるエクササイズ
ふくらはぎのトレーニングも座ったまま行うことができるので、ぜひ挑戦してみましょう。やり方はとても簡単で、かかとを上げ下げするだけでです。イスに座ったまま、かかとを上げて5秒キープし、そしてさげます。これを10回繰り返し、1日3セット行います。
このときのポイントは「つまさきの力でかかとを上げること」です。前屈みになったり、正しい姿勢が崩れたりしないようにしてください。
座りっぱなしでむくんだ足をケア!トレイでこっそりエクササイズを
デスクワークをしていると同じ姿勢ばかりになってしまうので、体の血行が滞りやすくなります。血行が悪くなるととくに足がむくむので、午後には足がパンパンになっているという女性も多いでしょう。
このむくみを放置すると代謝が下がり痩せにくい体になってしまうので、仕事をしているときでもストレッチをして血行を促してあげることが大切です。
トイレにいったときにしっかり体を屈伸させ、とくにむくみやすいふくらはぎを伸ばしておきましょう。ストレッチすることで代謝がアップし、むくみにくい体になるため、ダイエットにも大きく関係してきます。毎日意識して、しっかりと伸ばすようにしてください。
ダイエットは長続きさせることが一番大変です。
しかし、仕事中に簡単にできるなら習慣化しやすいので、楽に続けることができますよ。足は痩せにくいパーツですが、コツコツとダイエットを行って、憧れの美脚を目指しましょう。