下眼瞼脱脂術

目の下の脂肪による膨らみ(たるみ)を除去することで、目元の若さをアップさせます

下眼瞼脱脂術

下まぶたがたるむのは、下まぶたの皮膚や筋肉がゆるみ、眼球のクッションといわれる眼窩脂肪(がんかしぼう)が重力で垂れ下がることが原因です。レーザーで脂肪を取り除いてたるみそのものを改善する治療方法で、一切メスを使わない安全な施術を行います。

概要・治療の特徴

目の周囲は、表情筋によって動きが激しく、たるみの老化症状を発見しやすい箇所です。顔のたるみの中でも特に気になる悩みが、目の下のたるみです。
目元のたるみ顔全体が疲労顔や老けた印象になり、マイナスイメージを周囲に与えてしまいます。できれば改善したいと考える患者さまが実は多くいらっしゃいます。
レーザーで眼窩脂肪(がんかしぼう)を除去することで、手軽に目元の表情を若返らせることができます。

眼窩脂肪とは、眼球周囲を包み込むようにある脂肪組織のことです。脂肪の房を結ぶ繊維質が、皮膚と同様で加齢とともに結びつきが弱くなり、結果として眼球そのものの重みによって下まぶた方向に押し出されてくるため、目の下に膨らみが生じます。
若い頃は、下まぶたの皮膚の弾力や目を強く閉じる時に使う筋肉である“眼輪筋(がんりんきん)”が張っていますが、老化に伴って抵抗力を失うと、たるみが強くなります。

下眼瞼脱脂術は、炭酸ガスレーザーを使用し、下眼瞼の皮下脂肪を眼瞼結膜の内側からレーザーで除去する最新の治療方法です。
結膜内側より、レーザー治療にて下眼瞼の脂肪を取り除くので、皮膚表面には一切傷跡が残らず、治療時間も20分程度の画期的な治療方法です。
皮膚表面に一切傷を作りませんので、回復も早く、化粧も翌日から可能です。基本的に日常生活に大きな支障はありません。約1週間、軽い腫れや内出血が残る場合がありますが、次第に消失します。

レーザー治療のメリット

1.メスを使わないため、ガーゼやテープ固定が不要です。

2.肌の表面にキズが残る心配は一切ありません。。

治療方法

1.診察・血液検査
2.治療当日
血液検査に1週間を要するため、治療は最短で1週間後からとなりますので、完全予約制となります。

治療方法

1.治療箇所に、局所麻酔を行います。
2.炭酸ガスレーザーで、下眼瞼の皮下脂肪を眼瞼結膜の内側から取り除きます。
約1週間程度、軽い腫れや内出血が残る場合があります。日本人は皮膚の弾力が強いため、たるみを取った直後は、余計にしわが増したように見える場合がありますが、次第に元の皮膚の状態に復元されていき、消失します。

治療費

下眼瞼脱脂術 下まぶた 250,000円
術前検査 1回 10,000円
  • 初診予約の受付
  • アクセスマップ

お急ぎの場合は、お電話でご予約下さい。直通:06-6348-1403 フリーコール:0800-222-1112


スペシャルな企画満載で長年のお悩みをお得に解決!!

twitter 限定情報満載!あなたのフォロー、お待ちしております♪

採用情報

スタッフブログ

モバイルサイトのご案内

シーズメディカルグループ

メディカルローン

美容コラム Beauty Column

PAGE TOP


あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス @

閉じる