美容コラム Beauty Column

えっ逆効果?美顔ローラーが肌のたるみを作るって本当!?

頬のリフトアップや小顔効果を求めて美顔ローラーを使っている女性は多いでしょう。自分の手で行うマッサージと比べるとローラーを転がすだけなので簡単にとり入れられるのも魅力です。
しかし、美顔ローラーの扱い方によっては、理想と反対に肌のたるみを作る原因になってしまうこともあります。
今回は、美顔ローラーがたるみの原因になる理由と、その予防方法について説明します。

美顔ローラーの間違った使い方で、肌にたるみが生じる...?

美顔ローラーは、顔の筋肉を刺激して筋力アップを促したり、血行促進やデトックス効果をもたらすことで、肌質を整え、ほうれい線や頬のたるみを改善することを目的としています。その使い方は、ローラーを頬に当てて、製品ごとに定められた回数をコロコロと転がすものが一般的です。しかし、間違った使い方をするとたるみの原因となります。
一体どのような使い方をするとたるみができてしまうのか詳しくチェックしてみましょう。

たるみができる美顔ローラーの間違った使い方

痛みを感じるほど強く美顔ローラーを転がしている方は注意が必要です。
種類は様々ですが、多くの美顔ローラーは、皮膚の下の表情筋まで効果を与えることを目的にしています。そんな美顔ローラーをあまりにも強い力で転がすと肌のハリや弾力を保ってくれるコラーゲン線維が傷ついてしまう可能性があるのです。
コラーゲン線維は加齢とともに修復にかかる時間が長くなっていくため、一度傷がつくとなかなか元通りになりません。これが美顔ローラーでたるみが起きる原因です。

正しい使い方で、美顔ローラーの効果を引き出そう!

1. ローラーは優しく軽く転がす

強い力で何度も転がすと肌へダメージが加わります。力加減は皮膚が美顔ローラーに引っ張られて動かない程度を目安にしましょう。

2. 使う前に必ず保湿ケアをする

美顔ローラーを使用する前に、化粧水や乳液などを使用し保湿ケアをしておくことで、ローラーと肌との間に起きる摩擦を最小限に抑えることができます。丁寧な保湿ケアは、肌荒れ予防にもなるので、美顔ローラーを使用する前は必ず保湿ケアを行いましょう。

3. 必ず一方向に転がす

顔のリフトアップを目指すなら、美顔ローラーを転がす向きは「顔の内側から外側へ」「顔の下部から上部へ」が基本です。上下を往復させるようにコロコロと転がすとせっかく持ち上げた皮膚を下げてしまうことになります。かえって頬がたるむこともあるため注意しましょう。


美顔ローラーは、正しい使い方をすれば顔全体をリフトアップしてくれる心強い味方になります。とはいえ、素材や作りによっては肌に合わないこともあるため、初めて美顔ローラーを使用するときには、短時間ずつ利用するのがポイントです。自分の肌に合っているかをきちんと確かめてから使用しましょう。


  • 初診予約の受付
  • アクセスマップ

お急ぎの場合は、お電話でご予約下さい。直通:06-6348-1403 フリーコール:0800-222-1112


スペシャルな企画満載で長年のお悩みをお得に解決!!

twitter 限定情報満載!あなたのフォロー、お待ちしております♪

採用情報

スタッフブログ

モバイルサイトのご案内

シーズメディカルグループ

メディカルローン

美容コラム Beauty Column

PAGE TOP


あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス @

閉じる