美容コラム Beauty Column

シミに種類があるって知っていた?セルフチェックで対策しよう

シミがひとたび肌にできてしまうと、一筋縄では消えてくれません。多くの女性たちを悩ませるシミですが、実は様々な種類があることご存知でしょうか?肌にできてしまうシミの種類と、それぞれの対策方法をチェックしてみましょう。

あなたのシミはどのタイプ?しみの種類&対策方法

・老人性色素斑
「老人性」なんてネーミングにはドキっとしてしまいますが、老人性色素斑は医学的なシミの呼び方です。主に紫外線の浴び過ぎによってできる淡褐色や茶色のシミを指します。
この老人性色素斑の対策に、何よりも大切なのはやはり万全の紫外線対策です。肌に蓄積された紫外線ダメージは、年齢を重ねるとドンドン目立つようになっていきます。すでに肌に出現している老人性色素斑には、なるべく早く改善ケアを行いましょう。肌に透明感を与えてくれる化粧品やビタミンC誘導体を含むスキンケアアイテムの使用がオススメです。

・肝斑
肝斑は、30~50代くらいの年代にかけて肌に現れるシミを指します。肝斑ができてしまう主な原因は、女性ホルモンのバランスの乱れ。ストレスや生活習慣の乱れのほか、ピルの服用や妊娠中のホルモンバランスの変化が肝斑につながることもあります。
閉経とともに薄くなっていくことが多いのが特徴ですが、やはり肝斑が肌に広がってしまうと気になりますよね。どうにかして改善したいという思う方は多いですが、実は肝斑の場合、普通の基礎化粧品でのケアはあまり効果がありません。
改善のためには、美容皮膚科での施術を受けることをオススメします。

・炎症性色素沈着
炎症性色素沈着は、肌を擦った時におこる摩擦による色素沈着のシミのこと。肌にできてしまったニキビや虫刺されの跡が炎症を起こしてシミになってしまうケースもあります。
炎症性色素沈着は、肌が正常にターンオーバーを繰り返すうちに改善していくもの。ただし、炎症がひどい場合は、改善に時間がかかることもあります。ターンオーバーを促す化粧品をとりいれてスキンケアをしていきましょう。

・雀卵斑(そばかす)
雀卵斑は、一般的に知られる「そばかす」のことをいいます。そばかす顔全体に茶色いポツポツとしたシミができてしまった状態。10代のころにできやすく、紫外線を浴びるとだんだん濃く大きくなってしまうこともあります。そばかすは遺伝が原因になっている場合もあり、どんなにセルフケアをしてもなかなか改善しないという人もいます。
そんなそばかすを改善させるためには、悪化を防ぐために万全の紫外線対策を施すことがとても大切です。毎日欠かさずスキンケアをして、メラニンの生成を防いでいきましょう。
また、美容皮膚科のプロに診察してもらい、適切な治療を受けるのもオススメです。


シミはその種類によって対策方法も変わってくるため、自分のシミの原因を知った上で、適切にケアすることが大切です。新たなシミを予防してキレイな肌を保つためにも、紫外線対策やスキンケアを怠らないよう心がけましょう。
  • 初診予約の受付
  • アクセスマップ

お急ぎの場合は、お電話でご予約下さい。直通:06-6348-1403 フリーコール:0800-222-1112


スペシャルな企画満載で長年のお悩みをお得に解決!!

twitter 限定情報満載!あなたのフォロー、お待ちしております♪

採用情報

スタッフブログ

モバイルサイトのご案内

シーズメディカルグループ

メディカルローン

美容コラム Beauty Column

PAGE TOP


あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス @

閉じる