美容コラム Beauty Column

生理前に胸が張る理由は? 生理周期とバストアップの関係

「生理前にバストが張り、いつものブラがきつく感じた」「生理前に胸が大きくなった」
このような経験をしたことはありませんか❓ なかにはバストの張りが痛く苦痛を感じるという人もいます。

このように女性ホルモンのバランスとバストには深い関係があります。バストケアを行う際には、この関係を知ることが大切です。


生理前に増える「プロゲステロン」と生理後に増える「エストロゲン」の働き

生理前にバストが張るのは、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という女性ホルモンの分泌が多くなるためです。これはPMS(月経前症候群)の症状の一つで、排卵後の「黄体期」に起こります。黄体期には、妊娠準備を始める女性ホルモン「プロゲステロン」が活発に働くため、胸に母乳を蓄える乳腺胞などが発達しバストが大きくなるのです。
このプロゲステロンは、生理が近づくと分泌量が減り、症状も落ち着いてきます。

生理後には、分泌が減少するプロゲステロンと反比例して増えていくのが、「エストロゲン」という女性ホルモン。エストロゲンは、女性の心と体を美しく健康にサポートしてくれるホルモンであり、ハリのあるバストを作ってくれます。


生理中・生理後、それぞれの時期に必要なバストケアとは?

このように生理周期で変わる女性ホルモンの分泌は、バストアップを効率的に行うための大きなポイントになります。

特に美人ホルモンとも呼ばれる「エストロゲン」が増える生理後は、積極的にバストアップマッサージを行うと効果的です。

「プロゲステロン」が増え胸の張りやすい生理前は、体の老廃物や水分が溜まりやすく血液やリンパ液の流れも悪化しやすくなっている時期なので、胸だけでなく、足を中心としたリンパマッサージを行っていくのがオススメです。

マッサージにより、リンパの流れが促進されると胸にも効果的に栄養が行き届きますし、継続して行うことで女性ホルモンの分泌が促され、PMSの緩和も期待できます。

生理前のバストが張っている状態で、マッサージを行っても大丈夫ですが、痛みが強い場合には、無理に行わないようにしましょう。また、生理中にもリンパマッサージは効果的ですが、出血量が増えてしまう場合もあるため、出血量が多い日は控えた方が良いでしょう。

一方で、排卵期から生理中のこの時期は体が冷えやすくなる傾向もあります。冷えは、バストアップだけでなく、健康にとっても大敵なので、この時期は特に意識し入浴や半身浴など行い、体を温めるようにしてください。

バストアップに欠かせない女性ホルモンの働き。
生理周期に合わせたバストケアを行って、美しく理想のバストを目指していきましょう。
  • 初診予約の受付
  • アクセスマップ

お急ぎの場合は、お電話でご予約下さい。直通:06-6348-1403 フリーコール:0800-222-1112


スペシャルな企画満載で長年のお悩みをお得に解決!!

twitter 限定情報満載!あなたのフォロー、お待ちしております♪

採用情報

スタッフブログ

モバイルサイトのご案内

シーズメディカルグループ

メディカルローン

美容コラム Beauty Column

PAGE TOP


あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス @

閉じる